投稿が読まれてうれしはずかし

 半年に1回くらい、地元紙に投稿が取り上げられてうれしはずかし、な私ですが、昨夜のNHKラジオ深夜便にて投稿が読まれたと、今朝知り合いからお電話で知らせていただき恐縮しました。
 そういえば、先々週のラジオ深夜便では、石沢典夫アンカーで、思い出の映画音楽特集で学生時代のクラブソングだった「エデンの東」だのがあり、うっとりと聞き入っていたら、3時台が加山雄三特集で、これまた高校時代の思い出に浸り、もう寝ようと思っていたのに聞き惚れてしまいました。そして、映画音楽では洋画好きだった亡父によく映画館に連れて行ってもらったこと、加山雄三さんでは今なお若々しくて活躍していらっしゃるのがステキなこと、高校時代に部活のみんなが「君といつまでも」を歌いだしたのに私一人知らなくて置いてけぼり・・・残念で悔しくて、すぐにレコードを買いに走ったという事などを思い出し、楽しませてもらったことをはがきに書いてNHK放送センター宛に出したのでした。

2週間の前のことなどすっかり忘れていたのに、朝のその電話で読まれたことを知り、うれしいやら恥ずかしいやら。昨晩はぐっすり眠っていてはがきを出したことなどすっかり忘れておりました。
 折々にちょこっと書いて出すというのは私の趣味ですので、またどこかで皆さまのお耳にかかるかもしれませんがその時はお知らせくださるとありがたいです。
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-08-28 21:18 | うれしかったこと | Trackback | Comments(2)

大学病院の庭園「ふるさとの森」

こちらにお世話になるようになったきっかけは、平成5年に亡くなった実父が救急救命センターでお世話になって以来です。
治療方針の親切な説明に感激、それを聞いて夫の父もこちらへかかるようになり、尊敬できる主治医の先生に巡り会えました。そして夫も。
初めのころは建物も安普請の印象でしたがあれからもう26年近く、増築や改装が進み、立派になりました。そして今回の発見。昔の一般食堂のあったところの廊下の奥に大きなガラスのドアがあり、ゆるやかなスロープが庭に続いていました。この病院はもともと丘陵地に建っており、夫は大学に通う電車から見ては「何かが出来そう」と思っていたそうで、現実に医科大学や附属病院が建つとは、と言っていました。その元の山の起伏を利用して、気持ちの良い庭園が、いつの間にやら作られていました。車椅子の患者さんにとっても、また学生たちにとっても憩いの場所でしょう。趣旨は全国から集まった学生の故郷を思い出すような木々を植えたとのことのようですけれど。
Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-08-27 16:38 | 日常 | Trackback | Comments(0)

用水を濁流が…

家の横を流れる用水路、このところ茶色に濁った、しかも小枝などがたくさん浮かんだ水が流れています。上流にあたる場所に大雨警報がこのごろよく出ていることから、どんな降り方をしたのかと気になる水の様子。
 
 ニュースで、川の中州でキャンプ中に突然水かさが増えて流されたというのがありましたが、そんなときに注意するのは上流に黒雲がかかっているとか、濁った水が流れてくるという時には、自分の所がなんともなくても上流で大雨が降った証拠だから、とのことでした。そんなことを思いだしつつ、上流の被害がなければよいがと思ったことでした。

ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-08-26 08:37 | 日常 | Trackback | Comments(0)

倉敷を歩けば

 8月23日土曜日、昼近くまで民生委員の定例会議、午後3時からまた町内役員会、という日、夫がまた家にくすぶってばかりいるのも気の毒、と町へと誘いました。
 で、昼時、夫が「カレーにしようか」というので、『今晩はドライカレーを作っているからカレーはだめ」というと、よくいくふるいちのお好み焼きも、ぶっかけうどんもいやだといい、しばらく駅前メインストリートを南下。この通りは観光客向けの飲食店もとても多い。けれどもどうも夫のおめがねにかなう店がなかなかなくて、だいぶ行って和食の「浜吉」を見つけて「ここがいい」と意見が一致、入りました。
 12時前だったので、店内はだれもお客がおらず、夫婦だけだと4人のテーブル席がもったいないとばかりにおかみさんが「カウンターへどうぞ」
 定食メニューの中から、煮魚定食を選んで待っていると、「一番早くできるものは?」と、次に来た仕事がらみの男女二人連れのお客がいうと、「刺身定食です。」。で、おかみさんもこちらには「すみません、先にあちらに」というのでのんびりのこっちは「いいですよ。」で、

こちら、ご飯がこんもりと盛ってあったのを「半分にしてください」とお願いしました。メインの煮魚はまだ。

あら煮が来ました。こっくりとおいしくて、本当に骨までしゃぶりました。

 食べ終わって、通りの左手、阿知町商店街の方へ曲がり、「奈良満の小路」のそばまで行くと、何やら外人女性が立っています。道が分からないかと思ったらなんと、チラシ配りをして私たちを勧誘するではありませんか。向かいの路地の奥に何やらあるらしい。
 倉敷の路地は知り尽くしている?夫と、何があるのかな?とチラシを見ると、

なんだかよくわからないけれど、行ってみると・・・

入り口で冷たいおしぼりを配る人あり。駐車場?みたいな空き地にテントを張って、産直野菜だのお菓子だの様々なものを売っている露店、でもいわゆるテキヤというか香具師みたいなのはいなくて、素朴でまともな商売をしているらしい。

ちらしによると土曜日だけの開催らしく、しかもあと2回くらいしかないのかもしれないですが、興味のある人、、ちょっと探検しに行って見られてはいかがでしょうか。

ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村


■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-08-24 01:30 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

眼鏡が、ない…

昨晩は2日続けたウオーキングの成果、いや、せいか、ふらふらになってさっさと寝てしまい、今朝4時に起床。6時間も寝るとありがたいことに目が覚める。よって、起床してごそごそと昨夜食卓に広げたままになっていた家計簿に着手、のはずが、なんと愛用のメガネが見当たらない。
 実は、非常持ち出しを考えた際に、私は赤い巾着袋にとりあえずもっとも大事なメガネと携帯、充電器、腕時計、ヘッドランプを入れて寝る習慣をと、昨晩もベッドに持ち込んだはずだったのに、その袋の中にない。
 
 仕方なく、パソコンの前に置いてあったパソコン専用、中距離で色つきのを使用しました。
夫が起き出していうには、そのメガネケースもベッドのあたりにあったらしい。探し回った時には夫の体の陰になっていたものらしい。よかったー。
 
 昨日は昨日で、夫がトランクスでやってきて、愛用の短パンが見当たらない、と私のせいみたいに言うので、洗面所だの寝室だのを探し回り、結果、居間(リビングルームというのは嫌いです)のいつもの夫の居場所の座椅子の奥から出てきたのでした。なんでそんなところに脱いで行ったのかはなぞですが。

 ともかく、探し物が多くなるとは、いよいよ「年」です。



iPhoneから送信

■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-08-23 07:49 | 日常 | Trackback | Comments(0)

なかなかやせない

 誰しも経験することですが、私も中年太り、お腹まわりのお肉をつまんでゆするとぷるぷる。いやぶるんぶるん。お風呂の鏡で見るたびにがっかりです。
 しかし、お盆のころになるとお中元とかお供えにと、果物やお菓子をいただいたり買ったり、祭壇に飾りきれないものはやっぱり息子たちに半分分けて、残りはわが家の冷蔵庫に。で、夫婦仲良く、1個ずつしかないゼリーなどは半分食べて交換、ともかく自家消費、・・・。暑いし動きたくないし。おまけに今年は膝を悪くして、整形外科に受診、リハビリ体操といっても、寝て膝に力を入れて床面に押し付けるのを5秒、20回が1セット、それを朝昼晩しなさい、というのですが、夜寝る前に思い出してする程度ではなかなかよくもならず、したがって昨年頑張った早朝の草取りもままならず。
 なんだかんだと言いながら、よく言う「ダイエットは明日から」状態。
 「ためしてガッテン」のNHKのホームページからダウンロードした体重グラフはずっとつけているのですが、
目盛の上のほうの欄外!にはみ出たりして、理想体重からはずっと遠い場所にあります。
 ちなみに夫のグラフ用紙は三日坊主でそのまま、私は3年ぐらいつけ続けているのですけれど、一時は4㎏減だったのが今はリバウンド気味。

 しかーし、夫の定期受診で、栄養士の先生から(夫にですが)「3㎏やせなさい。ご飯は100g。」と言われてちょっと目覚めました。
 なので、朝食は5枚切りの食パンをさらに半分に薄く切って。ジャムとかバターはつけません。果物はグレープフルーツ半分がちょうど所要量の150g位。タンパク質はゆで卵が半分。
ご飯はそのたびに100g計って盛り付け。肉は80gを計って(ただし加工済みの物だからちょっと多いかも)。野菜はなるべくたくさん。などなど。
 それから夫は最近付き合ってくれませんが、ラジオ体操を第一、第二。それから、夜のウオーキングを始めました。偉そうに言いますがたったの2晩だけです、まだ。土日は孫たちとご飯を食べるのでなんだかゆったりで歩けず、月曜は夫がスポーツジムで汗を流して帰るし、火曜は私が合唱団。なので考えると水・木・金の3日間しか夜のウオーキングはできないというわけ。
 そして、週末は孫に食べてもらいたいと思ってついつい揚げ物だの脂っこいものに片寄りがち。グラフでは週末に増え、ウイークデーで少し元に戻り、を繰り返しています。
 なんとかして、夫をやせさせたい&私もやせたいのですが。
 
Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-08-23 07:26 | 日常 | Trackback | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」208号ができました


今月は毎年恒例、墓参りツアーがトップ記事。

・・・倉敷市羽島、真備町辻田、赤磐市石、の3か所を娘婿の運転するハイエースというジャンボタクシー並みの車で、長男のお嫁さんと赤ちゃんだけはお留守番、合計8人での墓参りは、午前9時過ぎ出発してから昼食をはさんで帰宅は午後3時過ぎと、ほんとに1日仕事です。
 お昼を早めに済ませ、ようやく着いた元禄時代からのご先祖様の墓地は、孫娘が「どれがそう?」と聞いたけれど、20基ほど、一部には崩れた五輪の塔もあるなど、すべてがご先祖様のもの。菊1本ずつのお供えでもずいぶんの数、幸いすぐそばにシキビの大木があるので、小枝を切って生けてくれています。
 以前草刈りをお願いしていたご近所の方はそばの竹林から花立を切り出し、今年からお願いすることになったシルバー人材センターの方はプラスチックの花立を埋め込んで、生けてくださっていました。
おなじ村にシルバー人材センターの方が見つかって良かった。



・・・記事に戻ります。そして、迎え火、送り火、花火の話題。ゆうくんは花火を喜んでくれました。

 そして、私たち夫婦の長崎・上五島の旅行の話。

 お嫁さんと孫の話が少なかったけれど、また来月からはその話題が多くなることでしょう。
今月もなんとか誌面を埋め、伝える事が出来ました。
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-08-20 12:53 | 家族新聞 | Trackback | Comments(0)

< 前のページ 次のページ >