投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!

リンクスランドふれあいフェスタ

 20日(土)は上富井のゴルフ練習場リンクスランドで、イベントのお餅つきのお手伝いに行きます。有志をお願いして10人です。ステージショーだとかお雑煮などお餅の振る舞いやら販売、露店も色々出るそうです。雨天決行。このところの寒さで、みなさんには防寒を万全にしていきましょう、と呼びかけ。
 午前10時と11時半とお餅の振る舞いがあるそうで、お餅を丸めたりお雑煮にしてお渡ししたりするお手伝いです。午後は2個入りと5個入りのお餅販売だそうです。

 お近くの方、遊びにおいで下さい。
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-12-20 01:19 | ニュース | Trackback | Comments(0)

忘年会がありまして


いつもの練習日のいつもの時間ではありますが、場所を変えて、瀬戸内海を見渡す海辺のお店(←ホームページをご覧ください)で、うれしい忘年会がありました。今年のコンサート予定も無事終了、高校時代の恩師もお迎えしてのひととき。
 ステキなたたずまいのお店、イタリアンかフレンチが出てきそうなインテリア、エクステリアですが、和食風(メインはステーキでしたし)のおいしいお料理で、私はお酒に弱いし運転していたしでノンアルコールビールでしたが楽しみました。
 貸切状態だったので最後にはやっぱり混声合唱で「おめでとうクリスマス」(英語で)やら「津軽海峡冬景色」やら様々歌って盛り上がり、外でイルミネーションと真っ暗な海をバックに記念撮影しました。幹事だったのに風邪ひきでお休みしたMさん、来られなくて残念でした。
Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-12-20 01:13 | 合唱団 | Trackback | Comments(0)

クリスマスコンサート

 大変寒くなった13日(土)夜7時から8時過ぎまで、 「アカペラで綴るクリスマスの夕べ」と題して、新倉敷駅前のホテルセントイン倉敷1階のカフェにてミニコンサートがありました。
 お客様との距離がとっても近い! 頭の上からエアコンの風が来てのどが渇いたり、途中からその風がうすら寒く感じたり、風邪ひきで声が出にくかったり、色々と不具合もありましたが、途中のドリンクタイムやらみんなで歌おうコーナーやらを挟んでオープニングやアンコールを含めると19曲を歌いました。

 老人施設だと職員さんに促されてやってくる入所者やら通所者の方々、ですが、寒い夜にわざわざ出かけてきてくださるお客様はやっぱり少な目、私達の程度の実力ではまあ、そんな物でしょう。いつものように全曲の歌詞を印刷したプログラムをお配りしていたので、皆さんご一緒に歌う事もできて、楽しんでいただけたかな、と思います。また途中のパート紹介では、それぞれのパート単独で歌ってその曲名を当てていただくというクイズもして、当たった人に特製のお菓子の袋を差し上げるというコーナーも。
 クリスマスソング5曲の時には全員がサンタさんの帽子をかぶり指揮者はサンタの上着を着て雰囲気作り。
 ささやかながら今年の歌い納めコンサートでした。


ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-12-14 03:58 | 合唱団 | Trackback | Comments(4)

冷蔵庫を買い換えました

 わが家の冷蔵庫は、2006年1月に178,000円で購入した、と家計簿の記録にありました。
その時のブログ記事はこちら⇒http://kurakeiko.exblog.jp/2491466/
電器屋さんに注文しても工場が休みなのでどうしようもなく、幸い真冬だったので食料品は戸外の段ボール箱などに入れてしばらくしのいだのでした。
 そして今年、たびたび冷蔵庫の前に水たまりが出来るようになり、それを修理してもらったのですが今度は半ドアを知らせるピーピーという音が夜中にも何度も何度もなるようになり、近づく年末年始の休業日に、またもや壊れたら困る、という恐怖心から、押しつまる前に、ととうとう早めに購入することを決めたのでした。
 どこのメーカーがいい?と息子に相談すると、日立がモーターがいいのと、電気代が安いらしい、とのこと。で、日立に決めて、近頃は食品庫を兼ねているのと4日分くらいまとめ買いできるように、出来るだけこれまでの容積と同じ程度のがいいと思ってカタログで目星をつけ、すぐに注文しようとして夫が「急に勝手に決めるな」と横やりが入り、大型量販店に出向いて実物を見比べたうえで、毎度おなじみの地元の小さい電器店で購入しました。

計算違い?だったのは、その高さと奥行き。高さは180cm以上あり、これまでのを運び出してもらう時も、新しいのを運び出すときも、台所の入り口とカウンターの所の鴨居2か所を立てたまま通すことはできず、斜めに倒して通過させて起こし、また倒して通過させて起こし、という作業が必要でした。
また、奥行きが前のより5㎝ほど深くなっていて、その分使い勝手はあまり良くない事、それとドアの前はわが家の掲示板代わりにマグネットで貼り付けていたのにそこがマグネットがくっつかないという事が来てから判明。横の面にはくっつくのですが、もう一つ注目度が違うので断然使い勝手が・・・(冷蔵庫の機能とは何の関係もないですが)
 庫内は、観音開きになった分ドアの収容能力は落ちる。電気代が省エネになるらしいのでそこだけは楽しみです。あと野菜室の野菜のみずみずしさを保つ能力が抜群らしいのと、チルド室の性能がいいらしい。
 今年はお葬式あり結婚式あり、旧宅の改築ありと物入りばかりが続いて、最後に冷蔵庫購入と、予算は大外れの1年になりました。
Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-12-12 00:48 | 反省したこと | Trackback | Comments(0)

恩師の死去を伝える喪中はがきを受け取って

 この時期、いろんな方々の喪中はがきをいただいています。昨日いただいた見慣れない名前の喪中はがきは、中学時代の恩師の一人娘さんからで、嫁いで苗字が変わっておられるので最初誰?と思ったのでした。
 そのお母さんというのは、私の学校時代に教えていただいた先生の中でも特別にお慕いしている人でした。5月3日に90歳で亡くなられたとのこと、いつまでもお元気でいてほしいお方だったので非常にショックでした。
 最後にお会いしたのはいつだったかしら、とパソコン内の「同窓会」フォルダ中の「中学時代」をあけてみると、2005年に藤沢から帰省したFくんがぜひ会いに行きたいというけどあなたも一緒に行く?と誘われて5人でご自宅をお訪ねしたのが最後でした。その時80歳でしたが、お庭は草もきれいに抜かれており、お部屋の中もきれいに住まわれていて、思い出話には、資料も年代別に整理できているのでしょう、さっと出してこられて、私の記憶になかったこともちゃんと言われるのには驚いたものでした。
 
 実は私の中学1年で最初に受け持ってくださった担任というのが、春の運動会の日、職員室が手薄になることを知ったうえで、集められた給食費約100万円を銀行員を装った共犯を使って盗み、夏休みに逮捕されるという事件がありました。兵隊時代にいじめられた経験を話したり、前科者は後ろ頭の首の所が縊れていないんだとか妙な話をしたり、ふざけていて教室のドアのガラスを割った男子たちを殴って泣かせたり(今ならその時点で大事件)、放課後うちのクラスだけ残って床のしみついた汚れを全員でたわしでこすり落とすというのをさせられたりと妙なところのある先生でしたが、世間的にはよい先生との評判だったようなのでまさか、と大騒動。
 
当時図書館で司書をなさっていたその先生が急きょ後任として校長先生から指名され、2学期から担任になられたのでした。もともと国語を教えていただいてはいたのですが、急にそんな問題で担任になってくださって、日記を書いて出すようにされ、それを学級だよりに拾って書いてくださったり、終わりの会で皆で歌集を作って歌ったり。クラスにはその時、後に鷲羽山、出羽の海親方となる鈴木佳員(よしかず)さんが、角界では小兵力士と言われましたが同級生の中では頭一つ大きな人で、体育委員としてみんなを引っ張って大活躍、秋の運動会では学年10クラス(ベビーブームでした)の中で優勝。当時優勝したクラスだけにリンゴが一人1個ずつもらえ、果物かごを中心に喜びの記念撮影したものです。
 また、学年末にはクラスでバスケットボール大会をしようという事になり、先生が校長先生に掛け合ってくださり、体育館を借り切ってクラス内でバスケットをして楽しみ、体育委員のその「鈴木のよっちゃん」が自腹で賞品を用意していたのだと、先生がその最後の訪問の時に教えてくださいました。そしてそのイベントの記録係は私だったのだそうで、私自身忘れていたことを教えていただきました。
 授業もとても面白くて、小柄な先生はいつも教室の後ろのゴミ箱を持ってこさせてその上に乗って黒板の一番上から書いておられました。教材の中では自作プリントを使って、私達の興味をぐいぐい引っ張っていってくださったこと、特にたいまつをもって飛び降りたケメトスという若者の話が面白かったな、といまだに覚えています。
 そんな熱い半年を過ぎ、先生は転勤で他校へ行かれましたが、私は友達と何度かご自宅を訪ねて行きました。忘れもしない、11月23日、衛星中継が始まった最初のニュースでケネディ大統領の暗殺事件を聞いたのも先生のご自宅を訪ねていたときだったのが強く印象に残っています。

 そんな数々の思い出のある、小柄な国語の先生、旧姓岡村千鶴先生。ご冥福をお祈りします。
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-12-12 00:01 | しみじみしたこと | Trackback | Comments(2)

カルメン に思う

 先ほど、定番の朝食用ミネストローネを仕込みながら、「やる気の出る音楽」というタイトルのCDを流していました。その中には、ショパンの円舞曲だの「ペール・ギュント」組曲の中の「朝」だの、歌劇「アイーダ」の勝利の行進だの、タンホイザー序曲などがあるのですが、特にあの「カルメン」序曲が華麗に始まると、小学生のころをよく思い出します。
 そのころは両親の寝室と居間を兼ねていた家の中央の8畳間の床の間の所に白黒テレビが(昭和30年代のころですから)置いてあり、小学生の私の日課は5時半ごろ入浴、6時夕食、8時には子供部屋へ引っ込んで宿題の残りなどをすることに決まっていたのに、その時、外国のオペラ公演の中継があって、母がこれはいいものだから見なさいといって、ドン・ホセだのエスカミリオだのといった主だった出演者の事やらストーリーやらを解説しながら見せてくれたことがありました。外国の情報も乏しかった当時、オペラなんてもちろん知らなかったのですが、その音楽のダイナミックさやら歌手の歌のうまさなどなど、大変印象深かったのでしょう、まだ覚えているくらいですから。
 その母は、音楽好きの祖父に同じようにレコードを解説つきで聞かせてもらったのがその元だったという事なので、そのことを思いだしたと携帯メールをしたら、自分は誰にもそれが伝えられなかったと思っていたけれど、私が覚えてくれていてうれしい、との返信がありました。
 ご近所の人には「西洋かぶれ」だとその当時(昭和の始めのころ)には陰口をきかれていることもあったという祖父ですが、最新の西洋事情に詳しい?気性であったのが母のクラシック音楽好きに伝わっていて、母は岡山のシンフォニーホールのコンサートにたびたび足を運んでいるようです。

Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-12-07 10:40 | しみじみしたこと | Trackback | Comments(2)

コンサートのプログラムやっと

 13日(土)午後7時から、玉島のホテルセントイン倉敷というところで、混声合唱団ジョイ・エコーのコンサートがあります。私はそのプログラムをいつものように作ることになっていて、やっと今週末できました。
 お近くの方、よかったら聞きに来ていただけると嬉しいです。(ワンドリンクついて500円です。)
クリックで大きくなります。
私たちはたいてい老人施設などに行くので一般の人に聞いていただく機会は少なく、こちらですとどなたでも来ていただけるのでお誘い申し上げます。
プログラムには歌詞も印刷しますので、歌いたい歌はどうぞご一緒に歌いませんか。




ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村


Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2014-12-06 23:31 | がんばったなあ | Trackback | Comments(0)

< 前のページ 次のページ >