同窓会のお世話の裏側

 7日(日)、午後、1カ月ぶりの小学校の同窓会世話人会。今回はいかに会費を安く抑えることができるか、という検討。
同級生もほとんどがリタイヤして年金暮らしとなり、遠方から泊りがけで来てくれる人にとってはずいぶんな負担となることを思うと、出来るだけ会費も宿泊費も押さえたい、という事になりました。
 1人当たりの経費を食費やら会場費やら通信費やらをこまごまと算出し、会場側と交渉して安くしてもらうことやら、写真も会場の業者に頼むと高くつくので、カメラ好きの同級生に頼んだら喜んでやってくれそう、という事になりました。送迎のバスの時間やらの検討、私が草稿を送っておいた往復はがきの内容の検討、だれがその往復はがきのあて名ごとに一筆を書き加えるかの分担の話、返事の締切日、そしてみんなが手分けして一筆を書き加えたものにすることにして、クラス別に分担を決めたり、数少なくなった恩師と、転校して行った人に書く人の分担を決めたりしました。私、小学校時代から作文が好きだったこともあり、転校して行った人たちの何人かは小学校時代に文通していた人がいて担当することにしました。
 そして、届いた、届かない、という友達同士の話に挙がるのを予想して投函をする日を決めました。
 2時間ほどの話し合いでしたが、会場の施設との交渉役のN君がいてくれて本当に助かりますし、実務の0さんがいてくれるから準備の話し合いの会場の予約だの会計だのをしてもらえますし、それぞれに意見を言い合える同級生がいて、この地道な作業が出来て、進んでいくのだなと思います。
 次回は返事が集まってくる締切日の後に集まることになりました。
 自分がこのような世話人の一人になってみて初めて、他の中学だの高校だのの同窓会のお世話をしてくださる人がいてこそ集まりが持てるのだなとありがたく思いました。
 大勢集まるとうれしいね、と言いつつ散会しました。


Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2016-02-07 22:45 | しみじみしたこと | Trackback | Comments(0)

フルーツの仕込み

たまたま、紅玉が手に入ったのでフルーツケーキのタネを仕込むことにしました。レーズン1kg、サルタナ200g、くるみ150gを刻むの、4時間くらいかかるかも?
体力と根気が試される。

iPhoneから送信
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2016-02-06 19:15 | 日常 | Trackback | Comments(0)

袖振り合うも他生の縁

夫の叔母の葬儀、仕上げの法事と会食がありまして。その間に、たまたま出会った親族に大変興味ある出会いがあり、まさに袖振り合うも他生の縁、を実感しました。



iPhoneから送信
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2016-02-06 19:10 | 日常 | Trackback | Comments(0)

片付け勉強

 最寄会で何年振りかでわが家を会場に使ってもらい、これまでお客がなくてついつい苦手な片づけを後回しにしてきた台所と食事室との境のカウンターを中心に片づけを考えてもらいました。
大体目の前の仕事をこなすのが精いっぱいで、食事に邪魔な書類はカウンターの上に移動させ、食事が終わるとまたカウンターから食卓へ、また孫のお絵かきの道具も食卓で見るのでカウンターへ、というわけですっかり物置と化していたカウンター。また、その下も雑然と物置になっており、夫の両親から受け継いできたお盆多数、民生委員の書類など、それに以前習っていたお花の花器多数、それにホームベーカリ―、電気スタンドなど。
これでも自分で時間をかけて片づけたのですが…
4人に来てもらって、「うーん」。カウンターの下の物を動かして、日常の袋などを外出先から帰ったらここへ置くようにしたらどうかと言われました。
花器を一つずつ出している?いらない?と聞かれて、いらないものは左の黄色いかごに入れて行っている所です。私は小さい花瓶が好きで集めていましたが、どうもお花に合わないものもあって、気に入りはわずか。それらを思い切って処分することに。また、剣山もやたらに多くて、サイズ別に1個ずつにまとめるとこれまたたくさんの不用品が出ました。
それらをまたカウンター下に、ではなくて、階段下の布を入れていた引き出しが最適だと指摘され、今度は階段下の、昔の縫いかけの布などをそっくり出されて、これまた「いる?いらない?」と聞かれたり、また刺しゅう糸を空き缶からジップロックに三原色くらいの色別に分けて入れ直したりしました。その結果、花器が階段下の物入れの引き出しに収まりました。
また、義母らから受けついでいたお盆類も多数あって使わないので、2人の人にもらってもらい、我が家で使う2,3枚を残して後は2階納戸へ。
カウンター下はまた透明なプラスチック容器を買ってきて、見える化して分類して入れたら、とアドバイスをもらいました。
ごちゃごちゃと出ていたお薬だの海苔だのお箸の容器などはひとまとめにして黒い四角いお盆に乗って隅に。まだこの後で生協の注文書だのが出てくるのですが。。。すっかり見違えるようにスッキリしました。下の右に置いていた電気スタンド、一つは処分、一つはカウンター下の台に乗っています。これまでカウンター下の左端、一番使い勝手の良い所が夫の母から受け継いだ死蔵品が鎮座していましたが、日頃はそれらに手がついていないので気が付いていなかったのです。この写真で代わりに乗っているのは、この所の寒さで夫が愛用している湯たんぽくんです。その右の空間は私が出かける時に持ちだすトートバッグの置き場になる予定。その右は民生委員関係、同窓会世話人関係、充電器など、それからLEDのスタンド、ホームベーカリー。現役の品ばかりになりました。
 片づけ友達?がいると自分で気づかずに長年過ごしてきたことを指摘されてとてもよかったです。「四通八達の家」と羽仁もと子先生も言われていますが、家をオープンにして風通し良くすることが大切、汚くて恥ずかしいとかくしてばかりいては、そのうち将来はゴミ屋敷だったわ、と反省しきりです。

Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2016-02-06 03:39 | 気持ちよかったこと | Trackback | Comments(0)

孫とクッキー作り

 4日(木)午後、上の孫とお嫁さんとが出かけるために下の孫2才を預かりました。この子は絵本を読むとすぐ飽きてよそへ行ってしまうし、さて、何をして遊ぼう?というので、友の会の「おさなごの会」で母子で実習していた人参クッキーのレシピを見ながらクッキーを作ることにしました。
 ほんとうはなたね油が一番向いているそうなのですが、なたね油はないのでごま油で。
順番はどうでもよくて丸めると言われましたが、私はついパウンドケーキの時のように、油とお砂糖を混ぜるのから。ごま油とお砂糖を入れて、ドレッシング用の小さな泡だて器で孫に「まぜまぜよ」とかき混ぜてもらいながら人参をすりおろしにかかりました。
 人参クッキー
なたね油・・・30g
砂糖・・・・・15~20g
薄力粉・・・・100g (全粒粉を入れても)
人参のすりおろし…15~20g
塩・・・・・・ひとつまみ
・・・種を丸めて7㎜厚さに伸ばし、型で抜くのを孫としました。2歳児では抜くだけの力が足りず、孫に好きな抜型を選ばせて種にのせるところまでをしてもらって、私が抜き取りました。
オーブンペーパーを敷いた天板にのせて、レシピでは170℃でしたがわが家のは焦げるので160℃にして20分ほど焼きます。
焼けました。
半分お兄ちゃんに取っておいて、おやつにしました。


Tags:# # 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2016-02-06 03:15 | | Trackback | Comments(0)

私流:料理レシピの保存法

 結婚当初は、ノートに手書きでレシピを書きためていました。テレビの料理番組やら「栄養と料理」の気に入ったレシピを写したりして。
また、材料別レシピ集の本に何十年もお世話になったり、婦人之友社の料理本にも随分お世話になったりしてきました。
 この頃はクックパッドという強い味方もあります。しかしそのたびにプリントアウトしていてはもったいないし、教えてもらったレシピもたまってきます。そこで
バインダー型のクリアフォルダ4冊に入れています。最初は1冊からだったのですが、だんだん増えて来て4冊になっています。
丼・ご飯物・麺、魚介類の1冊と、肉野菜の1冊と、お菓子・デザートの1冊と、季節限定レシピ、の4冊。季節限定ものには、おせち料理のほかきんかんの甘露煮だったり、栗の渋皮煮だったり、キューちゃん漬けだったり、紫蘇ジュースだったりが入っています。
辞書式に上から五十音順に場所を大体決めてインデックスをつけていますので、順番が変っても探しやすくなっていますし、季節によってよく作るメニューを抜き出して手近に置いたりできます。おすすめです。


余談ですが
Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2016-02-04 03:24 | 料理 | Trackback | Comments(2)

苦手なお片付けをしています

 3日(水)は朝からお片付け。金曜日にはわが家を会場に、生活勉強をするその材料を提供することになっているのですが、少しは自分で片づけなくては、と思って。年末大掃除もなかなか夫が家でごろごろしていてはそのお相手やら食事作りやらおせち料理の真似事などで忙しくて手が付けられていませんでした。
 で、朝はこの机の一番下の引き出しを整理しました。写真を忘れましたが、年ごとに同じサイズのB5の封筒に、年とその年の主な出費を書き出して大事な領収書を保存していたり、各種金封やら角封筒やらを入れています。結婚した次男の給料明細が3年分出てきたり、結婚した子供たちの大病院の診察券が出てきたり、失くしたと思っていた古い失効したパスポートが出てきたりいやはや。診察券は何かの時にそれぞれの持ち主に渡しておきましょう。
 また、お掃除にかかってみると、2階の洋服ダンスの中に古い洋服カバーがほったらかしでうずたかくあったり、夫の廃棄すべき古い通勤かばんがそのまましまいこまれてあったり。これまたこの際捨ててスッキリ。
 それに、寝室の隅っこの壁際に、私が学生時代にちょっと入っていた町の油絵サークルで描いた若かりし頃の自画像が。紺色のノースリーブのシャツに赤いショートパンツ、子孫に恥をさらしてもと、この際アルミの仮縁を解体して、キャンバスの釘も一々抜いて、キャンバス地を丸めて捨てました。これはちょっとばかり胸キュンでしたが。
 
そして、夜になってから事務用品の引き出しの整理に取りかかりました。私、結構文房具好き。小学生のころに学校の門前の文房具屋さんがお小遣いの使いどころで、ドキドキしながら何を買おうかと楽しみに行った物でした。で、やたら筆記用具のストックが多い。引き出しにはこれだけですが、上の方の棚には容器一杯にガムテープだのマジックだの赤ボールペンだのサインペンだのが必要以上にストックされているのです。。。引き出しの仕切りは牛乳パックで、何年か前に整理したはずなのに、だんだんとまたごちゃごちゃになっていたのです。その中には亡くなった妹婿が彫ってくれたかわいらしい雅印も3本。お習字もやめたのでなかなか使う場面がないのですが、またはがきにでも使いましょうか。

Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2016-02-04 03:07 | がんばったなあ | Trackback | Comments(2)