おひなさま

息子が、おひな様をこちらのお座敷に出してもよいかというので、ちょうど時期だしもちろんいいよ、といって昨夜出しました。孫娘がなんだかよくわからない風で、のぞきこんでみています。
 なかなか出す機会がない掛け軸があり、せっかくなので出しました。

iPhoneから送信

More
Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2015-03-01 22:40 | うれしかったこと | Trackback | Comments(1)

カキのパスタ

実は先週だったか、生協で200g入りのカキを息子たちと食べようかと、2袋注文していたのに食べる機会がなくて、保存のためにオリーブオイル漬けを作っていました。
こちら⇒http://cookpad.com/recipe/2068125
それをジャムの空き瓶2つに保存していて、お弁当に一度は入れたものの、そうだ、スパゲティにしたらおいしかろう、と機会をうかがっていました。休日の昼は外出好きの夫と一緒に出掛けて外食が多いのですが、雨の日曜日、ここぞとばかりに使ってみました。
ゆで時間5分のスパゲティをゆでている間に、生シイタケ薄切りと玉ねぎをオリーブオイルで炒めて塩コショウ。そこへゆであがった麺をからめ、ついでに思いついてとろけるチーズをからめ、最後にカキを加えてからめ、青ネギの小口切りをちょっと飾って(パセリの方がよかったか)出来上がり。
これまた作り置きのコールスローがあったので、添えてあっと言う間?に出来上がり。おいしくいただきました。


iPhoneから送信

Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2015-03-01 12:50 | 料理 | Trackback | Comments(1)

手前味噌

昨年はたくさん残っていたのでパス、2年ぶりにお味噌を作りました。生協で、たまたま麦麹味噌の材料が載っていたので注文しました。米麹より麦麹の味噌の方が私は好きです。一昨年は米麹の味噌を作った後に麦麹の材料も載っていたのでもう一度作って作りすぎになったのでした。
以前習ったのは表面に塩を一面に敷いて殺菌、カビよけ?にするというものでしたが、ラップの上に塩を置いても中からにじみ出た液で茶色になり、また扱いにくいものだったのでしたが、前回からトウガラシをラップの上に置くようにしたところ、カビもこないし具合がよかったです。

 この上に密閉容器のふたではなくて新聞紙で覆って発酵時の空気の流通があるようにしてから床下収納に収めました。
 昔お年寄りから、夏場でしょうか、ある時に味噌が発酵したのかガスがたまったらしく、ふたがポーンと天井の方まで?持ち上がったと聞いたことがありました。それは瀬戸物のかめの時代だったと思うのですけれど。

iPhoneから送信

Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2015-02-28 02:02 | 日常 | Trackback | Comments(2)

コップの水

 よく言われるたとえ話の一つで、半分だけ水が入ったコップの話があります。
先日の海原先生の講演会にもエピソードの一つとして取り上げられていましたが、水が「まだ半分ある」ととらえるか「もう半分しかない」ととらえるかによって気分が随分違うという事です。
 ちなみにどちらかというと楽天的な私、それほど喉が渇いているということもなければ、半分もあれば喉をちょっと潤すには十分、ととらえそう。悲観的にならなければストレスもそれほどの物でもありません。
 でも「半分しかない」という思いの方でとらえたら、失われた半分の方にばかりとらわれて、今ある半分の水の方に思いが向かないのではと思います。自分に与えられているそのコップ半分の水を大切に飲もう、と思うこと、つまり与えられた自分の能力を最大限引き出して楽しむという事をすれば楽になるという事かな、と思います。出来ないことを数えずに出来ることを数えよ、とか言われますが、これからの高齢化の時代も、年をとっていく私にとっても、そういうことが大切かなと思います。

 

More
Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2015-02-28 00:32 | しみじみしたこと | Trackback | Comments(2)

花をいただいて

このお花はご近所の人からいただいた物です。何年か前にその人の病気のことを聞き、ご家族の食事の一食にでも、とバラ寿司を作った時に届けたことがあったのでした。すると「自分は誰にも気にかけでもらえないと思っていたのに」と大変喜んで、その年末、商売物をどっさりくださったのでしたが。
義母の葬儀は家族葬でご近所の人には遠慮していただいたのを、ずっと気にかけていてくださり、たまたまお花を持って来られたのが一周忌の前日だったのでしょう。家で用意していた花は墓前に供えてきたので、いただいた花を仏前に飾らせてもらいました。

iPhoneから送信

Tags:# 
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2015-02-26 02:38 | 日常 | Trackback | Comments(1)

スマホが復活しました

ネットで調べたら、アリオ倉敷のなかのキタムラカメラにAUのショップがあり、壊れたスマホの修理を受けていることがわかり、行ってみました。そして午後3時半ごろから5時ごろまでかかって新しいものと交換(これを修理というらしい)してもらいました。
 失われたとおもってあきらめていたデータのバックアップも、途中で止まっていることがわかり、お店の人がいったんネット上に保管してから取り出すという作業をしてくださった結果、大事な連絡先と、あきらめていた写真も取り戻すことができて本当にありがたかったです。
 買ってから2年以内の保証期間内に2回だけ修理の補助?が受けられるとのことで7,800円とのこと。
 それで、今度は少しでも衝撃に強そうなカバーを買おうとしたところ、もうI-Phone6という機種が幅を利かせるようになっていて、たったの1年ほどしかたっていないのに、I-Phone5Cという機種のカバーは少ししかないとのこと。アリオ2階の上新電器へ行ってみても同じ。仕方なくあんまりお好みでないおとなし目のピンクのソフトカバーを買いました。ガラス面より少し上に盛り上がったふちのあるものです。
 これまでも別にオンラインゲームをするでもなく、もっぱらメールと電話と、お天気情報と、番組情報誌ステラと、たまにブログの投稿と、くらいしか使いこなせていなかったのですが、設定のこと等となると、「Apple ID」とかパスワードとか言われてやっとこさ何とか思い出しましたが、そういうことには本当にうとい私です。キタムラカメラの辛抱強くバックアップのお手伝いをしてくださった店員さんに感謝です。

■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2015-02-25 21:53 | うれしかったこと | Trackback | Comments(2)

スマホが壊れました

 いつもズボン(この頃の人はパンツというようですが私はどうもズボンと言った方がしっくりきます)の左ポケットに入れているスマホ。女性用のズボンはポケットが小さいものだから、アウトドア用のチャックのついた深いポケットのついたズボンを愛用している私です。そのポケットへの入れ方が浅かったか、なんと駐車場のアスファルトの所で落としてしまいました。その時は気づかなかったのですが、ふと見るとガラス面に一面のひび割れが。あらら。
 で、息子に言うと、バックアップを取れとのこと、そのやり方も途中までやってくれたにもかかわらず、私がどこかでミスったのでしょうか。多分・・・・データがぜーんぶ失われた・・・・みたいです。

 この後お店に行くつもりですが、そんなわけで、私の携帯メールとか電話が全部失われたものですから、このブログをご覧になった方、もうしばらくしたら、私にメールください。名前と携帯電話、メールアドレスをお教えください。お願いします。多分復活には1週間程度かかる見込みです。

 あ~あ。
■  [PR]

# by kurashiki-keiko | 2015-02-25 14:22 | 反省したこと | Trackback | Comments(0)

< 前のページ 次のページ >