料理教室の復習

先日、友の会の料理教室で習った献立、せっかく習ったのにテーブルで2つに分かれて作って、私が分担していなかったものもあったので、献立全部を1人で作ろう、と、金曜まではもう食材を買っていたので、土曜日、レシピを見ながら食材を買いに行きました。。
 普段使わないくず粉や抹茶、甘納豆などを調達しようとしましたが、お料理教室でも言われたとおり、意外と甘納豆は夏場はないとのこと、やむなく「ゆで小豆缶」を買って粒あんの小豆で代用。あとは鶏ささみが分量的にいいのがなくて鶏むね肉に。枝豆は枝からさやをちぎるのも面倒だなあと思っていたら、さやだけを袋詰めしたのを発見、そちらを2袋買ったら1.5カップの豆が取れました。
d0031853_1383117.jpg私の作った復習の献立、「夏のかんたん寿司」「夏野菜と鶏ささみ(胸肉)の冷やし椀」「岩清水」「翡翠豆腐」「味噌汁(わかめ、みょうが)・・赤だし、だったのを手前味噌で」
お寿司のお酢は昨年製の生姜の甘酢漬けの汁を利用、入れる生姜の甘酢も昨年の残りでした。
せっかくだったのに次男は外食。翡翠豆腐は枝豆をゆでてむいてミキサーにかけてくず粉とともに練って、と手間をかけた割りに夫の感想は芳しくなくがっかり、私はわさび醤油で美味しく食べたのですが。
 冷やし椀は、なすの皮を教室では全部むいたのですが、私はまだらに残して縦じまにしてみました。

 岩清水の材料の抹茶とレモン半分、小豆缶がまだあるのと、美味しかったのでまた作ろうと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-07-26 01:47 | 料理 | Comments(2)

Commented by minazuki-3 at 2009-07-26 15:39
こんにちは。

先日は、コメントありがとうございます。
翡翠豆腐、綺麗なできあがりですね。
山葵醤油で、食べてみたいなと。
散らし寿司や、夏野菜の冷やし椀などメニューも豪華ですね。

素敵な献立だったのに、ご子息は外食されて残念。

Commented by kurashiki-keiko at 2009-07-27 06:03
minazuki-3様、はじめまして。
調理実習のグループでしても結構時間がかかり、今回自分で全部してみたら、この翡翠豆腐の豆の処理などに時間がかかって3時間くらいかかってしまいました。お客様のときくらいでしょうかね、こんなに手間隙かけるのは。しかしピーナッツ豆腐もこうして作ると言われて、生のピーナッツが手に入ったらして見てもいいかなと思いました。たまに珍しい献立をしたのに息子が外食で残念でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 第39回倉敷天領夏祭り 「Oh... 新生姜の甘酢漬け >>