最近の我が家の和定食

我が家の夕食です。いつもこんなのではありませんが、なにしろ90歳のおばあちゃんにも食べさせてあげるというのを意識していますので、ついついこんな風になっています。おばあちゃんは驚くことに1本は抜いていますが、あとは全部自分の歯があり、かむことはしっかり出来ています。
 息子は「アーあ、また魚」といいつつ、物足りなければ冷蔵庫から卵をとってきて卵かけご飯にして食べたりしています。夫の出張などの時には息子向きにカツどんとかカレーとかもしますけど。

d0031853_5163065.jpg8月26日の夕食です。前夜、夫が知り合いに誘われて、岡山市の旭川で鮎を取ってきましたので、鮎の塩焼きと、小松菜の胡麻酢和え、サトイモとインゲンの煮物、豆腐とシメジとわかめの澄まし汁でした。

d0031853_5185666.jpg27日の夕食は、マナガツオがメインです。焼いてから砂糖・しょうゆ・酒同量のタレに絡めたもの。きゅうりとわかめとじゃこの酢の物、なすとピーマン、豚三枚肉少々の炒め煮、麩としめじとニラの味噌汁。
我が家の定番、なすとピーマン、三枚肉の味噌炒めですが、IH調理器の炒め物はうまく行かなくて、使いこなせてないだけなのか、ガスのようにうまく水分が飛んでくれず、煮物っぽくなって不満です。

d0031853_5232489.jpg28日、秋らしく、秋刀魚でした。それにこれもおばあちゃんに教わった、焼いたねぎと油揚げの入ったサツマイモの煮物。甘めに味付けします。それから青菜が高いので比較的安かった青梗菜を茹でてから炒めて鰹節と出ししょうゆで味をつけたもの、ねぎと豆腐の味噌汁。ご飯はダイエット中の私ので、少ないです。やけどのせいでなるべく汗をかかないようにした結果、太ってしまって。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-08-29 05:26 | 料理 | Comments(2)

Commented by はらママ at 2009-08-29 17:35 x
火傷のその後の経過いかがですか?
いつみてもすばらしい献立ですね・・・焼く、炒める、煮る、茹でるなど理想的なバランスですね。ご主人や息子さんがうらやましい・・・
我が家にもとうとうインフルエンザが上陸です。今朝から息子が39超えの発熱、倉中でインフルの判定をうけました。リレンザがでましたが、タミフルよりききが遅いようです。ということで、しばらく家に篭ります。うつらないことを願うばかりです・・・
Commented by kurashiki-keiko at 2009-08-29 19:32
はらママ様、あらー、それは大変です。最寄のAさんはおにいちゃんが感染したときには自宅で一部屋に隔離して、家族に感染しなくて乗り切ったそうです(普通のインフルエンザ)。体験談を聞いて見られては。お大切に。ウチの嫁さんも対策のために食料を備蓄したそうです。

<< 物がなくなって 「暑いときは寒いと思え、寒いと... >>