秋の気まぐれ旅その6 秘湯大牧温泉~高岡


d0031853_629495.jpg
五箇山の合掌集落から庄川に沿って下ってくると、小牧の船着場があります。(赤丸のところ) ここから逆にさかのぼっていき、秘湯といわれている、船でしか行けないというのが売りの大牧温泉に行くのです。

d0031853_6322765.jpg
16:00が最終便。タクシーのおかげで観光していてもこの時刻に間に合わせることが出来ました。

d0031853_6333935.jpg
9月29日、デッキに出ていてもそれほど寒くなく、渓谷美を楽しみながらの30分ほどの乗船時間。

d0031853_6345814.jpg

旅館専用の船着場に到着。

d0031853_6353419.jpg
夕もやに包まれるように建つ、大牧温泉の宿。これは絵になる風景です。

d0031853_6363351.jpg船着場からはこんな看板もあり。山の中ですから。

d0031853_637777.jpg仲居さんが案内してくれます。

d0031853_6374488.jpg
なにしろ川岸に張り付くような建物なので、端から橋までの廊下の長いこと。そして、テレビ局の取材やらドラマの舞台となるやらで、俳優さんの色紙の多いこと。
ミーハーの私としては見逃せません。。。

d0031853_6405254.jpgd0031853_6411495.jpg
ご存知火曜サスペンス劇場常連の片平なぎささん、船越栄一郎さん。

d0031853_643565.jpgd0031853_6432958.jpg
d0031853_558031.jpgサスペンスドラマの犯人役になっていた夏八木勲さん、宿の主人役だったか?高橋長英さん。 夏八木勲さんの昔の奥さん役?だった山口果林さん、その娘の恋人役だったか、松村雄基さん、書道が趣味と言うだけありすっごい達筆。
たまたまこのドラマ、見たことがあったので、あっ、あのドラマだ!と・・・。

d0031853_646324.jpg

大御所岡田茉莉子さんが大おかみ、東ちづるさんが若おかみだった番組も見たことありました。

d0031853_648429.jpgd0031853_648261.jpg
そのときの若おかみ、東ちづるさんと、刑事役?の中村梅雀さん。

d0031853_6503054.jpg

朝食の窓辺の風景。

d0031853_6512635.jpg帰りの船が朝もやの中から現れました。幻想的な、水墨画の掛け軸みたいな風景です。

d0031853_6522334.jpg
船がターンするのでまたこの風景を川から眺めることができました。

d0031853_653462.jpg
行きはデッキから写真を撮る人は私くらいだったのですが、帰りの船にはこんなに大勢の素人カメラマンが鈴なり。

d0031853_6541231.jpg
小牧の船着場が始発のバスで、高岡を目指しました。これは途中の、欄間が特産の南砺市井波の町。
新日本紀行で放送されたそうです。http://www.nhk.or.jp/archives/kikou/past/2008/h0812.html#1206

d0031853_724893.jpgd0031853_73571.jpg

d0031853_732586.jpgd0031853_734276.jpg
d0031853_74452.jpgd0031853_742443.jpg
バスの窓から夢中で写しました。なかなかよい町です。

d0031853_794257.jpgこれは余り言い写真ではありませんが、ここらあたりは冬の季節風を避けるための屋敷林が大変立派です。日本で一番一人当たりの住居面積が広いのがこのあたりと聞きます。

d0031853_7105731.jpg終点の高岡駅前です。

d0031853_7112552.jpg
高岡は、万葉歌人の大伴家持の赴任地であったため、駅前に銅像が建っています。

d0031853_7121520.jpgお花屋さんのウインドウにこんな張り紙があったのでよく見ると、大伴家持の歌と、その解説が書かれてありました。

d0031853_713229.jpg
高岡の観光ポスター。雨晴海岸、高岡大仏、国宝瑞龍寺。高岡は万葉と鋳物の町で、お寺の鐘はまずここで鋳造されるそうです。夫もここの赴任の記念に、茶釜とかお茶の炉の五徳、虎の置物などを買って帰っています。
高岡観光ナビはこちらhttp://www.city.takaoka.toyama.jp/sangyo/0402/kankou/


d0031853_720244.jpgd0031853_7203854.jpg
高岡駅は北陸新幹線?の工事が始まっておりました。13:22発サンダーバード28号にて帰途に着きました。

d0031853_7214062.jpgこのあたり?木曽義仲が牛にたいまつをつけて奇襲したとかいう倶利伽羅峠です。

d0031853_7224545.jpgd0031853_7225857.jpg
新大阪発16:25 のぞみ35号に乗り換え、岡山へ。
長い旅にお付き合いいただきありがとうございました。

大牧温泉 観光旅館
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-04 07:23 | | Comments(4)

Commented by 3reiko3 at 2009-10-05 23:05
ステキなお宿ですね!
これは、撮影場所にも使われるでしょうね。
俳優さんたちの色紙の素晴らしさにびっくりです。

keikoさんの旅をいっしょに楽しませていただきました。
ありがとうございました。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-10-06 06:06
reiko様、絵になる旅館だし、船でしかいけないので、密室殺人事件の舞台として最高のシチュエーションでしょう。
確かに、俳優さんたちの色紙って、手が込んでいたりものすごく達筆だったり。(松村雄基さんが書道が趣味というのを忘れていたのでここで追加しました)
長々と書いていたのにお読みいただきありがとうございました。
Commented by saeko2007 at 2009-10-07 23:11
こんばんは。
大牧温泉は、一度は行ってみたいと思っていた温泉なので、こちらでじっくりと写真を拝見できてうれしいです。
なるほど、テレビの撮影でよく使われているのですか。
いかにも秘湯という雰囲気ですもの。
富山もみどころが多いですよね。
食べ物も美味しいのが魅力的です^^
Commented by kurashiki-keiko at 2009-10-08 06:18
saeko2007様、コメントありがとうございます。夫の知り合いの旅行業者さんにお願いしたのですが、予約がなかなか取れないらしくて、ちょっと大変だったそうです。
秘湯という触れ込みなので余計に行きたい人が多いので、そこが売りですから。
食べ物で変わったものの印象が薄いのですが・・・旅館のご馳走は毎度食べきれないほど出るのでもったいないと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 倉敷美観地区へ散歩 秋の気まぐれ旅その5 上高地~... >>