おみこし練り歩き?


d0031853_213187.jpg
半日、倉敷友の会の「家事家計講習会」の準備の合同最寄会に出て帰っていたら、篠笛と太鼓のお囃子の音が聞こえ、あらっと思ったら、4本の笹に御幣を飾った車、運転手は烏帽子をかぶっていて、それに続いてなんとおみこしを載せた車、続いて伴走者の車が2台ほど、同乗者はいずれも黒い烏帽子をかぶっていて、御みこしを担ぐのを省略したものでしょう、私が左折、向こうは直進で、ちょうど私の前におみこしが行っていました。
2年前には華麗な時代行列を見せてもらっているので、その印象が深かったのですが、以前、御神興は2年おきとか聞いた気がするので、たぶん今年は「ウラ年」に当たるのかもしれません。
それにしても大勢の男たちに担がれたおみこしに比べて、車の荷台に縛り付けら、無人のままの御みこし、ちょっと寂しげに見えました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-17 21:08 | 日常 | Comments(2)

Commented by saheizi-inokori at 2009-10-18 10:45
なんだかなあ、ですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-10-19 04:14
saheizi-inokori様、スピーカーのお囃子にトラックでの御巡行、ではねえ。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 大洲を大工さんに紹介 倉敷美観地区を散歩 >>