倉敷屏風祭


d0031853_3226.jpg
はしまや呉服店の向かって右隣の楠戸家の屏風とおもてなしの縁側。あれ?いつもこんな感じではないのにな?と思ったら、外側にいつも入っている倉敷格子、はずしてあったのです。お向かいのじゅうたんやさんMUNIはここの息子さんが経営されているので、MUNIのマットが敷いてあります。(高価なものです)

d0031853_353574.jpg
はしまや呉服店の建物は文化財で、こちらにはバーナード・リーチとかロックフェラーとかそうそうたるお客様がお見えになっています。
d0031853_382969.jpg
はしまや呉服店の屏風は「楠戸君のために」とため書きのある犬養木堂(毅)の書でした。

d0031853_310209.jpg
こちら、呉服店のお向かいの今は駐車場になっているところに、息子さんが近々イタリアンレストランを開店なさるとかで、楽しみ。

d0031853_3124429.jpg
はしまやの左隣、ここは改装して公衆トイレ、町屋トラストの事務所などができるそうです。

d0031853_3143326.jpg
普通のおうちのお座敷をお抹茶処として開放しています。

d0031853_316343.jpg
いつも通っている通りもこんな幕が張られるとお祭りムード満点、晴れやかな感じがします。

d0031853_3172397.jpgd0031853_3174062.jpg
左は「茶屋町の鬼」で、倉敷ではなくて近郊のお祭りに出るのが「出張」してきているようです。右は「すいんきょ(素隠居)」、昔お祭りに出られないお年寄りが若者に年寄りのお面をかぶらせて代わりに出てもらった、というもので、骨だけのうちわでバシバシたたきにきます。たたかれると頭がよくなる?のだったかな?たたかれても怒らないように。夫が子供の頃は「わーい、らっきょらっきょ」とはやし立てていたそうです。

d0031853_3251575.jpg
三宅商店の奥のギャラリーの小野寺さんの倉敷のイラストを夫に見せたくてまた来ました。はしまやギャラリーで小野寺さんにまたお会いすることができました。

d0031853_3264650.jpg
ギャラリーの展示品の写真は遠慮しましたが、店先にこの屏風が置いてあったので、こちらは撮影させていただきました。お店の内部を描いたものです。
d0031853_3275442.jpg
小野寺さんのプロフィールが屏風の脇に置いてありましたので。

d0031853_3314663.jpgこちらは大原美術館と川を隔てた向かいにある、大原家住宅です。展示されていたのは・・・
d0031853_3325586.jpg
大原総一郎氏が好んだと言う鷹の絵の屏風、こちらは京都の高僧たちの讃が書き入れられており、いかに高名な画家が書いたかが分かるのだそうです。この絵の鷹が止まっている、本物の道具がこの右側の玄関土間に展示されてありました。
d0031853_3352052.jpg

d0031853_3354550.jpg止まり木?の足元に展示してあったのは、鷹狩りのときに鷹が獲物を取ってきたらほめてやるために与える肉片を入れていた容器だそうです。

d0031853_3595358.jpg
d0031853_3371834.jpg


右手の塀は大原家別邸有隣荘(別名緑御殿)です。屏風祭の案内図を配っているらしい女性。

d0031853_3383922.jpg外国人観光客の一団を引率していたのは、70代くらいとお見受けする小柄な日本人女性ガイド。流暢な英語で、大原家のことやら、仏具店の仏壇をさして、日本ではここに先祖の印を置いて日常に拝む、なんて事を説明していました。野次馬の私、つい、片言の英語で「Where are you come from?」と聞くと、「California、USA」とのこと、「素敵な町ですねえ、ここに住んでいるのですか?(と英語で)」言われ、[Yes」。 ははは。

d0031853_345776.jpg左手のお屋敷は大原家番頭?原玄三郎(だったかな、夫はハラゲンと言っています)のお宅、商店街の中ほどにこんなお宅が、という門構えです。

d0031853_34786.jpg
歩いて帰っていたら東小学校の近くでおみこしがいました。ちゃんと人間に担がれて。昨日のは人手が足りなくて寂しいおみこしでしたが、やっぱりおみこしはこうでなくちゃ。
yassyさんのブログに、御神幸の大きな写真がUPされています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-19 03:30 | おでかけ | Comments(4)

Commented by yassy127 at 2009-10-19 07:18
リンクありがとうございました。
お祭りを詳しく説明してくださってよくわかりました。
はしまやの左隣は改造して町家トラスト?の事務所兼宿泊所および公共のトイレと作ると言われていました。
入ってすぐのところを元の土間に戻すそうです。
三宅商店と阿智神社とはしまやの2階のガラス工芸と灯りはみごとでしたね。
カメラにとってもいいといわれて夢中で撮影しました。
芸大がくらしきにできて新しい風が吹いてきているようでした。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-10-20 05:41
yassy様、そちらの大きな写真でお祭りの行事の様子が紹介されていたのでリンクさせていただいています。町屋トラストの事務所と公衆トイレ、早速記事を訂正しました。お教えいただきありがとうございました。
Commented by kadoorie-ave at 2009-10-21 22:12
個展のことも詳しく載せてくださってありがとうございます!何度もお会いできてうれしかったです。
はしまやのおとなりはあの町家トラストの事務所がはいるのですね。ブログを拝見して、屏風祭や通りの様子が再認識できました。
御神輿が阿智神社に上るところを見逃したのが、残念です。素隠居のうちわには、ちゃんとたたかれたので...ちょっとはましなおつむになるでしょうか???
Commented by kurashiki-keiko at 2009-10-22 05:10
個展に詰めきりでほかが見られなかったそうなので、こちらをご覧になって少しは様子が分かられたでしょうか。
素隠居のうちわにたたかれたそうで、それはよかった(とすべきでしょう)。ちょうど秋の屏風祭とも重なり人出も充分に多くてよかったです。

<< フルーツケーキのためのフルーツ... 不洗(あらわず)観音寺 >>