愛媛県大洲市 大洲城を見に

映画「火天の城」を見たのは、2009年9月のブログ記事に書きました。
そのときに、原作者の山本兼一氏が小説のイメージをつかむために訪れたのがこの大洲城の工事現場だったというのを知りました。太い材木の質量に圧倒されたこと、そのときの宮大工さんに、安土城に吹き抜けがあったという説もあるがどうおもうか尋ねたら、火の回るのが早いからそんなことはしないといわれたそうで、それがストーリーにも組み込まれていたのを見ました。
 大洲には2009年8月に行ってきたので、2度目です。今度はお城見物が目的でした。

d0031853_39536.jpg
ドライブは倉敷からだと早島インターから高速道路へ乗り、途中石鎚山サービスエリアで休憩(かんきつ類や今治タオルが狙い目)、大洲南インターで降ります。約3時間かかります。(大洲に滞在したのは1時間半ほど・・・)

d0031853_314555.jpg
お城のパフレットからのアクセスマップです。

d0031853_3185067.jpg
インターから降りて町へ入りかけたところで、見覚えのあるところだったので、またうなぎやさんの「なかつか」へ。この前は先客がいて入れなかったほうのお座敷。ここがこの店で一番の部屋みたいです。肱川の流れの水量が夏より少なかった。寒空に川の流れは夏ほどうれしくはないけれど。
お客も少ないのでしょう、あわててエアコンと電気ストーブを入れてくれましたが、コートを着たままでしばらく待ちました。

d0031853_3204456.jpgさすがに冬場なので天然うなぎではなくて養殖ものでしたが。うな重1,500円。

d0031853_3224487.jpg
うなぎを食べた後は早速お城へ。市民会館の駐車場から歩いて登っていくと、復元された天守閣の真っ白な漆喰壁が目にまぶしいほど。立派な天守閣です。

d0031853_3255930.jpg入り口に木組みの模型が置いてありました。総ヒノキ?模型とはいえ大変な作業だったことでしょう。大人500円、臥龍山荘とのセットだと800円でしたが、私たちはそちらは昨年行ったし今回は時間もないので単独で。

d0031853_3274960.jpg
市内のお寺の境内から切り出されたという立派な心柱です。ここの層だけ吹き抜けになっていて、映画のシーンも思い出されました。まだ木材が白っぽく新しくて、慶長年間に創建された当時を彷彿とさせます。

d0031853_3341460.jpg
昔の技術を今に伝えるという、宮大工さんたちのすばらしい仕事がここにあるのでした。
(お城のパンフレットより)

d0031853_3361547.jpg
2層目

d0031853_3364748.jpg
3層目

d0031853_3371782.jpg
最上階の屋根の木組み。

d0031853_3375586.jpg
市民の皆さんからの木材が使用されているとのこと、まさしく市民の誇りとなる工事でしょう。

d0031853_3392870.jpg
改めて、「お上」が勝手に作ったのではなくて、市民みんなで望んで作り上げたお城の復元だったのだなと、感動して見上げました。

以下は蛇足です。


d0031853_341284.jpg
帰りに寄った道の駅あさもやで・・・

d0031853_3421739.jpg「土日限定販売」というのに引かされておやつを購入。

d0031853_3425812.jpg車内で食べていると・・・販売員のおじさんのちょんまげに注目。

d0031853_34474.jpg
帰り道は、石鎚山の雪をかぶったのが見えました。ちなみにカーラジオで大洲周辺はNHK岡山は出ませんが、山を越えて松山方面へ出てくると、海の上は電波が飛びやすいのでしょう、NHK岡山がちゃんと受信できました。

d0031853_346363.jpg
製紙工場の煙突の煙がおりからの強風に真横にたなびいていました。

d0031853_3471229.jpg
(夫撮影)瀬戸大橋はいいお天気、景色がきれいでした。
倉敷から石鎚山SAまでと、帰りは豊浜SAから私が運転。平均時速120km。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-02-07 03:50 | おでかけ | Comments(5)

Commented by lemon at 2010-02-07 16:03 x
はじめまして、
最近、素晴らしいブログに感心して読ませていただいています。家族新聞も上手に作られていらっしゃいますが、これは縦書きにしてその後段組みをしているのでしょうか?会報や新聞で工夫している点など教えていただけると嬉しいです。
Commented by miduki0902 at 2010-02-07 16:04
松山に1年住んでいたので懐かしい景色です。
石鎚山も雪ですか?
kurashiki-keikoさんも運転をされるのですね?すごい!!
Commented by kurashiki-keiko at 2010-02-07 20:20
lemon様、初コメントありがとうございます。
家族新聞は、壁新聞にして1ヶ月食器棚のガラスに貼って楽しんでいます。
A4で、4段までだとWordで普通にページ設定できるのでしょうが、4段ではレイアウトの変化がつけにくいので、オートシェイプで4本の細い線を作って「上下に整列」にしてやるときちんと5段に分かれます。その高さの透明なテキストボックスを作って記事の本文を入れています。見出しはワードアートです。5段のうちの2段を使って新聞のタイトルを最初に作っておいて保存し毎回使っています。外枠はページ罫線を使っています。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-02-07 20:23
miduki様、この日はとても寒くて、石鎚山も雪をいただいているのが見えましたよ。
運転は、長いトンネルは苦手で高知道はだめですが松山道くらいのトンネルなら大丈夫。ちなみに運転暦は30年くらい。お出かけの際は3分の1くらいは私が運転することが多いです。
Commented at 2010-02-08 17:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 町の中で山登りみたい? 「はんこ屋さん」メールマガジン... >>