久々、お寿司


d0031853_0493945.jpg生協で毎週決まって15個入りの卵が配達されてくるように頼んでいるのですが、このところ余ってきたので、というのが動機で錦糸卵にしてお寿司をすることにしました。そういう動機でお寿司を作る人っているのかなあ?
 最初は鮭フレークの瓶詰めを使うつもりだったのに、なんだかこのところ暖かくて春めいてきたので、ちゃんと?さわらではなくてさごしですが酢魚で甘酢のだしをとって岡山寿司にしました。中の具にはいつものごぼう、たけのこ、かんぴょう、にんじん、酢レンコン、昔田舎の祖父母宅ではよく裏庭で調達していた蕗(もちろん今回はスーパーで調達)や、藻貝も入れ、焼きアナゴも刻んで入れました。
 友の会の会報の編集でこの水曜日からずっと忙しくて、28日(日)もそのことがあったのに自分で自分の首を絞めているかもなあ、と思いつつ、朝から上に飾るえび、しいたけを煮てこの具を煮てから印刷に行ってきて、帰宅してからご飯をお鍋で炊き(電気釜は3合しか炊けないので)、残りの絹さやだとか錦糸卵を作り、ほうれん草の胡麻和えやお吸い物(菜の花、花形の麩)を作りしていざ、食卓へ。
 出来たできた、と長男夫婦も含め食べていると、?・・・・「今日のお寿司、酢が利いてないなあ。」???
 あ”~!!!
よーく考えてみると、合わせ酢にお塩を入れ忘れた、かも?…
こんなこともあるそそっかし&いい加減な私。それにしてもちゃんと分量どおりお酢は入れたはずなのに、塩が足りないとやっぱり物足りない味になるんだわ、と、見かけによらずぴんとしないお寿司でした。がっかり。ゴメンネ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-03-01 01:07 | 外食 | Comments(0)

<< Googleのオリンピックイラスト 金柑の甘煮 >>