娘の小学1年生の作文ノート発見

 長男が、私のデスクトップパソコンのモニター画面が最近のものに比べるとあまりにお粗末だというので2万3千円ほどのを買ったそうで、持ってくるに当たりそこらへんを片付けておくように、とのお達しで、夕方近く、本棚まわりを片付けていました。

d0031853_3151736.jpg実は私のパソコンの机、作り付けの本棚に、手前の2本だけの足をつけたテーブルの板を本棚の引き出しの上に置いているだけのものなので、モニターの台というのは本棚に入れ込む形になっており、モニターを大きくするには本棚の棚を1段上げる必要があったのです。(モデムやらルーターやらターミナルアダプタやら配線がすごい…)

d0031853_3164761.jpg
すると見つかったのが、娘の小学1年生のころの作文ノート。
 ちょうど孫娘が小学1年生になったので、親がこうだったのよ、と見せてやりたいと思い、読んでみました。文字は割合しっかりしていましたが、内容はまだ文章を書くのに慣れないので、まだまだといったところ。それでもその当時の家庭生活が思い出されて、帰宅後テレビの前にいた夫にも見せて、2人で読みました。

d0031853_3174295.jpg
弟と一緒に布団をしいたこと、庭の落ち葉を燃やして焼き芋をしたこと、弟がコタツの中でおならをしたこと、弟の運動会に行ったこと、夫の兄の子どもたちが来て一緒に泊まりに行ったこと、6年生を送る会のことなどなど、1年生の秋ごろから翌年の春ごろまでのことが書かれていました。本人に渡したらどんな顔をすることやら。ちょうど孫があまり作文が上手でないと電話で言ってきたところだったので、自分のを見て納得するかな。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-03-06 01:46 | 日常 | Comments(4)

Commented by miyakeoriibu at 2010-03-06 16:17
娘さんの小学1年の頃の作文を笑顔で読んでいらっしゃるkeikoさんを
想像しています。
一字一字丁寧に、しかも「・・・」も上手に使えているのに感心しました。
我が家でも子どもの教科書・ノート類はみな倉庫にしまってありますが・・・・・・・。
このように出してみるのはいいですね。
Commented by myobento at 2010-03-07 11:03
え、1年生としてはものすごく上手な作文ではないでしょうか。字もとってもお上手です。
これを見ると、きっと「ほら、ママはこんなに上手でしょ」って鼻高々になってしまうのでは?
Commented by kurashiki-keiko at 2010-03-09 03:17
miyakeoriibu様、この文が一番ましだったのです。
うちは大部分処分してしまいましたが、作文だけは後で楽しめそうだったので本棚に置いていたのが日の目を見たというわけでした。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-03-09 03:19
myobento様、そのほかの部分はごく短かったり言葉足らずだったりいろいろでした。孫と娘との会話とか娘と私たちの思い出話とかになりそうです。
皇室の愛子様の話が話題ですが、娘も乱暴な同級生にもっとおとなしくなってほしいというようなことも書いていました。

<< 吉備路文学館「永瀬清子展」へ 義母の付き添い >>