鯛1尾をさばいて


d0031853_2593324.jpg日曜日に買出しに行くと、大きな鯛が丸ごと1尾で980円なり。お刺身4人分を買うことを思えばこれで何品できる?と思って買いました。1400gくらいありました。(Mさんのブログに刺激されて)

d0031853_311712.jpg愛媛県産です。たぶん養殖ものですね。

d0031853_315053.jpgうろこが飛ぶので洗い桶の水の中で。
昔実家の母はまな板を傾けてうろこを取っていたっけ。

d0031853_325659.jpgこれを見たら「下手だなあ」と思われるでしょうね。ほんと、不器用なこと。ちゃんと調べもせずにやってやろうなんて無謀な私です。

d0031853_342637.jpg身のほうを写真に撮るのを忘れましたが、軽く塩をして昆布にはさんで冷蔵庫へ。
頭と中骨と卵と肝を分けて、潮汁とあら煮にしました。

d0031853_362516.jpg
馬鹿な私は片身だけでもお刺身が十分だったのに両方とも皮を引いてしまったので、片身の半分ほどで鯛茶漬けにしました。ご飯の上に鯛のお刺身と三つ葉とわさびをのせて吸い物味のかつおだしをかけたのですけど自己流です。
献立は鯛茶漬け、潮汁、あら煮、ほうれん草胡麻和え、昆布締めのお刺身。
胡麻和えですが、かの栗原はるみさんのレシピを見るとこれまでの私の分量とずいぶん違うのでびっくり。ほうれん草1束にゴマ大さじ4も使って、お砂糖大さじ2、醤油大さじ1だったのです。私はゴマが大さじ2、お砂糖小さじ1、醤油大さじ1、出し汁大さじ1でした。ゴマが多いのはいいことだと思い、栗原レシピでやってみました。甘みがどうかなとおもったけど、おいしかったです。ただ夫にとっては砂糖はなるべく避けたいので今後は減らそうと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-03-09 03:10 | 料理 | Comments(4)

Commented by はらママ at 2010-03-09 20:26 x
ご無沙汰しています。私も栗原はるみさんの本を数冊もっていますが、胡麻和えもそうですが、煮ひたしなどの調味料も多めですよね。
煮ひたしなどは汁気がたっぷりなほうが見た目もいいですが、ケチな私は調味料がもったいないと思ってしまいます・・・
Commented by kurashiki-keiko at 2010-03-10 16:23
はらママ様お元気ですか。栗原はるみさんレシピ、調味料多めなんですかね。おいしいのを追求するとそうなるのでしょうかね。
Commented by myobento at 2010-03-11 22:28
大きな鯛ですね~。捌くのは、たいへんでしたでしょう。鯛三昧の食卓、豪華ですね。どれもとってもおいしそうです。
ところで、栗原さんのレシピ。私は味が濃くて全く食べられないんです・・・私はやっぱり婦人の友の味が好きです。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-03-12 04:09
myobento様、あまり丸ごとの鯛に出会うことはないので、やってみたかったので…。
栗原さんレシピって、味が濃いのですか。私は1冊だけしか持ってないのですが、たまたま胡麻和えがあったので参考に見てお砂糖が多くてびっくりでした。婦人之友の味の傾向というのも私実はよくわかってないのですが、我が家に向いているのかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 朝から雪 うどん鍋の夕食 >>