いつもの食卓・・・チキンカツ、手羽先のグリル


d0031853_6573438.jpg
鶏の胸肉のカツがメインです。衣のパン粉に黒っぽく入っているのは、大根葉を細かく刻んでからからになるまで干したもの。パセリのような風味はないけれど葉っぱまで無駄なく使う知恵を友の会の生活勉強日に教えていただいたので。あとは菜の花とお豆腐の味噌汁、菜の花はゆでてから軸のところだけを早めに汁に入れて煮て花のところはあとから入れました。それにごぼうとレンコンとにんじんのきんぴらです。カツの横にある丸っこいものは衣の卵などがあまった時にしていた衣の揚げ物。以前はもっとお砂糖を入れてサーターアンダーギーみたいにしていましたが、今はお砂糖少しとお塩を入れています。カロリーを考えるとやめるほうがいかも。

d0031853_73874.jpg
3月13日(土)の夕食。我が家的にはおなじみ手抜き料理の手羽先のグリルです。食料買出し日の水曜にポリ袋に入れて酒、しょう油各大さじ2~3、マーマレード大さじ2ほど入れて手羽先となじませて土曜日まで置いていたので、甘酸っぱい風味と照りがついておいしかったです。あとはかぼちゃのポタージュと、サラダ水菜、トマト、さらしたまねぎとツナ缶を和えて砂糖、塩、お酢で味付けしたトッピングが乗ったサラダです。ご飯は雑穀を混ぜています。この食事からいよいよ6人の食事作りスタートですが、次男は釣りに出るとかで実質5人。おばあちゃんは毎度おでましがゆっくりで食べるのもゆっくり、最後まで食べていますが、「へえー、水菜が生で食べられるの?」とびっくりしています。このごろは生で食べるほうれん草もあるんですよ、というとまたびっくり。
 私自身、オフ会で行ったお店でかつてサラダほうれん草にカリカリベーコンがじゅーとかかったのが出てきてとてもおいしかったので、サラダほうれん草を知ったのでそれまでは知らなかったのですが…。

…お嫁さんがお風呂から出たところで水分補給に我が家には年中ある冷たい麦茶とヨーグルトを。妊産婦の栄養ってどうだったかな?と『食品成分表』を見たけどどこに載っているのかよくわからず、婦人之友社の家計簿のサブとして当座帳がわりにつけている女子栄養大学出版部の『栄養家計簿』に載っていました。他の摂取量はあまり変わらないものの、魚介・肉類は同年齢の女性が100gのところを130g、穀類は230gのところを290g、牛乳は250gのところを1日600cc摂ることが必要なことがわかりました。おかあさんの摂取量が不足すると母体の骨や歯から赤ちゃんが持っていってしまうことを教え、しっかり牛乳を飲もうね、と言っておきました。私自身、最初の子の出産後はおっぱいに水分をとられたせいか、便が固くなって便秘に悩まされたので、気をつけてあげなくてはと思っています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-03-14 07:11 | 料理 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 最後の大根葉ふりかけ 6人世帯に >>