やっとできたレモンケーキ

d0031853_2137483.jpg

友達が自宅で取れたというレモンをくれました。もうだいぶ前のことでしたが、レモンケーキにしようと思いつつずっと時間がなくてできずにいました。
 しかし今日、たまたま友の会の係会をすることになり、我が家に来てくれることになったので、思い切って作ることにしました。昼食が終わったのが12時半、それまでに砂糖などを計っておいて、それ、と作り始めました。
 ところが最後にオーブンの設定の仕方がわからなくて、型に入れた種を余熱の間おいていたのでひやひやものでした。なんとかぎりぎりに焼けてほっとしました。
 




レモンバターケーキ 
(倉敷友の会創立60周年記念 1991年10月2日 友愛セール・生産料理カード p25より)
〔材料〕 2本分
バター…150g   砂糖…150g
卵………200~220g(3~4個)
レモン…1個(―keiko…小さければ1個半~2個)
粉………200g、ベーキングパウダー…小さじ1

〔作り方〕
前準備…卵、バターは冷蔵庫から出して常温にしておく。粉をベーキングパウダーと一緒にふるっておく。国産レモンなら皮をすりおろしておく。汁を絞っておく。パウンド型にオーブンペーパーを敷いておく。
①バターを常温に戻しておき、よく練る。
②砂糖を2~3回に分けて入れ、よくよく混ぜる(7分くらい―keiko)
③(keiko―この段階あたりでオーブンに点火、余熱をしておく)卵を加える。(keiko―1個目はしっかり混ぜ込み、3個目は卵の部分だけを混ぜ全体には軽く)
④レモン汁を大さじ1入れる
⑤ベーキングパウダーとあわせて2度ふるった粉を1度に入れてよく混ぜる。
レモンの皮をすりおろしたものがあればこのとき加える。
⑥140℃に温めたオーブンを150℃に上げて40分焼く。(オーブンの癖によりまちまちで、keikoの場合は160℃45分くらい)
⑦焼きあがったら熱いうちに残りのレモン汁と同量の水を加えたものを刷毛で塗る。(keikoー塗るというより回しかけておいて時間を置いて全体にいきわたらせるという感覚のほうが合っているような気がする)
⑧冷めたらラップする(keiko―熱いうちにラップしてよいと思う)
⑨2~3日味をなじませるとおいしい。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-04-02 21:36 | 日常 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 初物のたけのこ 忙しい日々 >>