文房具大好きなので―引き出し整理しました


d0031853_411269.jpg
我が家は台所(キッチンと気取って?言うのは苦手です)の調理台の反対側の壁に主婦机が作りつけであり、新築時には小中学生だった子どもたちの学校のお知らせなどをこの机で処理したりアイロンかけができたりというコーナーだったのです。
 でも、今では居間の隅にあるパソコンのほうに張り付いているものですから、こちらの机は物置と化し、文房具の引き出しも物があふれてしまらないままにほったらかしでした。昨日ふと”魔がさして”引っこ抜いてきて、物を全部出して、牛乳パックで仕切りをこしらえ、あふれる原因だったストックのものを別にして、置き場ごとにものの名前をシールで貼って整理ができました。(え?「これで整理できてるの?」と言わないでくださいよ)
 友の会に依頼された講習会にも参加して引き出し整理の仕方なんてとっくに習っていたのに、自分の日常となると、この引き出しをこの前整理したのは嫁入り前の娘だったことを思うと、なんとまあ8年くらい前ではありませんか。
 反省反省。「私どもはいつからでも新しくなることが出来ます」という羽仁もと子著『家事家計篇』巻頭言の言葉がうれしい。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-04-13 04:11 | うれしかったこと | Comments(0)

<< あわただしく 美星町「星の郷」へ >>