子育て元年

 お昼、ゆうくんが泣きそうだというので、あらかじめ娘から譲られたベビーラックに寝かせて様子を見ながらお嫁さんと食事。お嫁さんがまだ来る前に「ブブーっ!」と大きな音で大きいのが出た模様。ともかくおっぱいの元を仕入れなくてはおっぱいも出ないもの、まずはお嫁さんに食べてもらってから、と出たことは黙って食事にとりかかるとまたもや2度も「ブブっ!」と。昨日あまり出なかったそうで、出てよかったそうでした。こういうのが許されるのも赤ん坊の特権ね。
 で、息子と昨夜は子育てについてどんな風に育てたいか話し合ったのだそうです。ともかく学業が優秀でなくてもやりたいと思うことをやらせてあげたいと思うそうです。その他ゲームだのテレビだの見たい、したい、といった時にどうするかなど、内容は色々でしたが、話し合ったそうで、よかった。うちの息子も決して優秀とはいえないけれど、人当たりの穏やかな優しい人になってよかったかなと思います。これから新米パパ・ママ、色々と悩むこと、迷うことだらけだろうと思うけれど、2人で話し合いながら子育てしていってほしいと思ったことでした。
 食後、ゆうくんがついに我慢ができなくなり「おっぱいよこせ」デモというか泣き出したのでおっぱいタイム。おしめを換えたら、先ほどの「大」のほうが大量で服にまではみ出ていたそうでした。しかし今は優秀な紙おしめだから洗濯はしなくていいし、おしめの洗濯をしていた私の頃に比べたらそれはもう、格段に楽になっていますね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-04-17 02:21 | しみじみしたこと | Comments(2)

Commented by hokkori-hime at 2010-04-17 10:00
こんにちは^^
先日はコメントありがとうございました。
お孫ちゃん、可愛いでしょうね~
わが息子の時には、最初だけ布オムツを使っていましたが、紙おむつの優秀さにすぐに紙おむつオンリーになりました。

子供がお腹にいるときには、健康で元気ならイイ!!と、生まれてきてからは・・・・
「頭のいい子」とか、「素直な子」とおねがいしとけば良かったとか(笑)
でも一番は「健康」ですよね。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-04-18 10:33
hokkori-hime様、とりあえずは五体満足、その次はだんだんと欲が出るものというのはいずこも同じですね。

<< 春の恵みの夕食いろいろ 「霧のサンフランシスコ」 >>