柳井をたずねて

ブログつながりで山口県の柳井市を訪ねました。
柳井までは片道約2時間半、ゴールデンウイークの最中なので、車では時間がどのくらいかかるかわからないので電車利用で。倉敷を7時46分の電車で岡山へ。

d0031853_4271848.jpg
岡山を8:06発のひかり491号にて。

d0031853_4291658.jpg
広島に9:05到着、9:27分の山陽本線岩国行き普通に乗り換え。
広島では結構混んでいましたが、宮島を目指す客が多くて、宮島口でずいぶんすきました。
10:17、岩国着、10:20発の下関行きに乗り換え。
夫は「米軍基地はどこにあるんじゃ?」

d0031853_4322739.jpg

岩国からは海が近くて、いい景色。

d0031853_4345360.jpg

10:54、柳井到着。

d0031853_4352154.jpg

白壁の通りがあるらしい。どんな町かな。

d0031853_4355597.jpg

柳井友の会の会員でこのブログをいつも見ている、というYさんが出迎えてくださいました。ブログで知り合った人を訪ねるのは初めてのこと。
車であちこち案内してくださいました。





d0031853_437264.jpg
柳井の駅前メインストリートはちょうどハナミズキが満開でとてもキレイ。道幅の割りに交通量が少なくて走りやすい。

d0031853_4482142.jpgd0031853_4435167.jpg
最初に行ったのは「やまぐちフラワーランド」(柳井市新庄)。大人500円。

d0031853_449032.jpg

連休中とあって子供たちが歓声を上げて遊んでいました。家族で遊びに来るにはいいところ。

d0031853_453955.jpgd0031853_4532117.jpgd0031853_4533578.jpgパスタを頼むとスープが無料だそうで、(左上のカップ)、それにソフトドリンクをめいめいに頼み、私はハーブティーを頼むとポットに入って砂時計がついてきました。カップに注ぐときれいなピンク色の液体でした。

d0031853_4571975.jpg
次はいよいよ町並み散策。(MAPはクリックで倍になります)

d0031853_502868.jpg
こちらは上のMAPの「J」にあたる場所にある古い商家です。中を見学したかったのですがまずは醤油倉へということで。

d0031853_514252.jpg
こちらがメインストリートから見た白壁の町並みです。近年電柱をなくして舗道の敷石を整備したそうです。

d0031853_544873.jpg
先ほどのフラワーランドの広い駐車場は満車だったのに、こちらは人少な目。歩くほうにはいいけれど。

d0031853_555228.jpg
こちらは「甘露醤油」を作っているお醤油屋さん。

d0031853_564823.jpg昔の作業工程図とさまざまな道具の展示。

d0031853_59214.jpg
作業工程の説明。甘露醤油というのは一度出来た醤油をもう一度仕込むという手間のかかるもののようです。

d0031853_5101169.jpg
はしごを上ると、鉄道唱歌の歌詞にもなったということが。全国に鉄道唱歌の歌詞はあると聞いていましたが、観光案内もかねていたのでしょうね。

d0031853_51261.jpg
今も熟成が進んでいる醤油の大きな樽が沢山並んでいます。

d0031853_5125230.jpg
わーお!
いつも見ている「鉄腕ダッシュ」のソーラーカーだん吉がここにも来たんだわ。
山口くんと長瀬くんが写っています。
なんとこの上のほうには彼らがはいたという白い長靴まで大切に展示されていました。
その他来訪のタレントだとか、蔵でのコンサートなどの写真多数。

d0031853_5165866.jpg
ここでお土産にさしみ醤油を購入。

d0031853_5173446.jpg
こちらのお水を試飲。やわらかい味がしました。

d0031853_5185662.jpg

次は「西蔵」という元は醤油蔵の展示館のようなところで、この地の名物、金魚ちょうちんの体験コーナーがありました。なんできんぎょの形のちょうちんなんだろう?
かつて朝のドラマの「さくら」で、主人公のおじいちゃん役の小林亜星さん扮する金魚屋さんの店先に飾ってあったのだそうな。あの場面は見たけれど、金魚ちょうちんは、はて?

d0031853_5215478.jpg
同じく柳井の名産という柳井縞の機織り体験コーナーでは、3人ほどの女性が教えてもらいながら機織りをしていました。トントン、カラリ、という「鶴の恩返し」の昔話を思い出しました。

d0031853_5252679.jpg先ほどの醤油屋さんの前をまた通ると…変わった標識が。
・・・へぇ~。かにさんに気をつけて、なんて、しゃれた、心遣いのある標識ではないですか。見てみたいものです。

d0031853_5311156.jpg
こちらにも古い商家の見学ができるようで。素通りするのは惜しかった。

d0031853_5325280.jpg
中はどんなになっているんだろう。

d0031853_5332972.jpg
こちら、「ご当地ソフト」の「甘露ソフトクリーム」を売っているお店。店内をのぞいてもそれらしい機械がないんだけど。。。

d0031853_5344273.jpg
頼むと店の奥のほうでご主人が作ってくれました。1個300円。お醤油味?のソフトクリームですが、柔らかめだったので、暑いとはいえ5月なのに途中で溶け出して困りました。希望を言えば、もうちょっと硬めに温度設定をしておいてくれないかしら。

d0031853_537119.jpg
次には「古墳をご案内します、ちょっと遠いんで車で。」(最初は古墳なんて面白くもないし、興味がわいてこなかったのですが…)行ってみると、想像していた木の生えた小山というのとはちがい、石ころがむき出しになって、おまけに埴輪が置かれていて、造営当時の様子を再現したもの。びっくりでした。しかも…

d0031853_5404956.jpg
古墳の説明が実に詳しくイラストでなされていて、

d0031853_5414291.jpg
d0031853_5422848.jpg
d0031853_543290.jpg
…などなど、古墳を造る動機やら作り方やら構造やらを小学生レベルにもわかりやすく、勉強になりました。私も小学4,5年生の頃だったか、吉備路の造山古墳群に遠足で行って説明を受けたことがありましたが、土の山を前に学芸員だったか先生だったかに説明を受けただけで、このような絵があればもっとわかりやすかったのに、と思います。

d0031853_547532.jpg古墳のてっぺんに登って見ると、瀬戸内海がよく見えました。

d0031853_5481172.jpg午後2時前に再び柳井の駅に送っていただき、売店でお土産に三角(みかど)餅を。

d0031853_54993.jpg
柳井から宮島口まではのどかな感じ、宮島口からは行楽帰りのお客が一杯乗り込んできて、予想通りのゴールデンウイークの混雑でした。

d0031853_5502688.jpgこちらはYさん手作りのマーマレード。

d0031853_5511072.jpg甘露醤油のさしみ醤油。

d0031853_5513881.jpg三角(みかど)餅はあんはまん丸でふちの部分が三角になっていました。容器もまた面倒なのに三角、包み紙を三角に折って包装するのって技術がいりそう。

d0031853_552518.jpg明治の文人国木田独歩がこの三角餅の製造業者さんに居候していたことがあったらしい

以上、柳井リポートでした。

この記事はメールマガジン Weekly KURASHIKI 週刊くらしきタウン情報に連載中の「Keikoのお出かけ日記(342)として配信されています。http://archive.mag2.com/0000002334/index.html
よかったらメールマガジン購読申し込みをお願いします。上記サイトをご覧になったうえでどうぞ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-05-05 05:53 | おでかけ | Comments(4)

Commented by sumie at 2010-05-05 07:09 x
遠方まで、ようこそおいで下さいました。
ちょっと、欲張りすぎましたね。本当に駆け足観光で、ゆっくり「散策」していただけなかったのが残念。
もっとも、私がせっかちなので、落ち着いて見られなかったのかも。「白壁通り」だけにポイントを絞ればよかった、と反省しきりです。
Commented by mhide-mh at 2010-05-05 20:10 x
柳井レポート 面白く読ませていただきました。
同じ中国地方に住みながら、山口県はほとんど知りません。
明治維新前後から偉人が大勢出ているのに・・・ です。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-05-06 15:27
sumie様、色々お世話になってありがとうございました。
おかげでご縁のなかった町を知ることが出来ました。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-05-06 15:27
mhide-mh様、本当に、山口は意外と私も地理にも詳しくなかったことを改めて知りました。

<< ばんごはん 鬼ノ城へ >>