普段の夕食


d0031853_2133997.jpg
5月6日の夕食。メインはげた(舌平目)の煮付け、煮魚は義母が好むので。副菜は右から自宅庭に生えたグリーンアスパラ、小松菜とチンゲン菜と油揚げの煮物、うぐいす豆、納豆、味噌汁。うぐいす豆は既製品ですが、義母が昔、義父が好むためにこのシーズンよく作っていたアラスカ(青豆)を汁気がなくなるまで甘く煮ていたので。

d0031853_2192952.jpg
5月7日の夕食です。予定していたのはエビフライとコーンスープとサラダだったのでしたが、たまたま友の会で山うどが手に入ったので、芽のところを天ぷらに、茎のところで酢の物にしました。栽培されたものは日陰にしているので白いですがこれは天然物なのでグリーンです。右端は我が家で取れたスナップエンドウと、新玉ねぎの炒め物、エビフライの横の丸いのは衣の卵が余ったので余ったパン粉や少しのお砂糖と一緒に揚げたものです。実家の母が衣が余るとこんなのを作っていたので。

d0031853_2262030.jpg
8日(土)の夕食です。この日は友の会の例会に引き続いて友の家で委員会があり、遅くなりそう(とはいえフルタイムで働いている人からするとたいしたことはないのですが)だったので、あらかじめ食料買出し日の5日に鍋帽子で作る紅茶鶏を作って置いたので、メインは出来ていました。前日と同じくですが添えは新玉ねぎとスナップエンドウをいためて塩とオイスターソースで味付けしたもの。それにサラダはボストンレタス、きゅうり、庭のアスパラ、スープは冷蔵庫の野菜を適当に、キャベツの芯のほう、人参、玉ねぎ、しめじ、ショルダーベーコン2枚をそれぞれ千切りにしてオリーブオイルで炒めて固形スープで補いました。庭に生えたパセリのみじん切りを浮き身に。この時期盛んに生えるパセリはとうがたたないうちにみじん切りにして冷凍しておきます。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-05-09 02:34 | 料理 | Comments(0)

<< 10年越しメル友からすいかが 母の日プレゼント ちょっと早めに >>