娘からー運動会のお弁当作りは?

 28日(金)の夕方、娘から携帯電話で「ミートボールの作り方を教えて」。
聞けば翌日が孫の運動会なのだそうで、いつもはウラのお姑さんが夕食を作ってくれるのに甘えているらしく食材があまりないとのこと。で、「豚ミンチと鶏ミンチをあわせてもいい?」というのでもちろんいいこと、ミートボールを柔らかに仕上げるには水を加えるとふんわりするし、硬くしようと思ったら片栗粉を入れると締まること、だから硬くしたくなければパン粉を入れると粘りにはいいこと、玉ねぎみじん切りをよくいためて入れるとか、味付けは和風だと醤油やみりん、お砂糖。ケチャップと醤油を同量にしてもいいね、とか。野菜もあまりないらしいけれど、キャベツと人参ときゅうりはあるそうなので、では甘酢漬けかな?短冊に切って塩をして絞り、甘酢につける。
それからじゃがいもでもあったら乱切りくらいにして食べやすく油で揚げて塩を振ってフライドポテトもいいよというと、舅さんが作っている畑はまだ収穫できないのだそう。
そうそう、ピーマンがあったら千切りにして炒めて鰹節とみりんとしょうゆで「かか煮」にしては、とか。
思いつく限りをアドバイスしたら、何とかなるみたいな話で。
今朝になってご近所を見ると、うちの学区でも小学校は運動会みたいで、いそいそとお父さんたちが連れ立って出かけていっていました。いいお天気でよかったね。

d0031853_15433939.jpgこちら、婦人之友社刊、『やっぱりお昼はおべんとう』私が持っているのは1991年2刷のもの。味付けの基本、詰め方、材料別、色別というふうに今手元にある食材を元に検索する事もできるのがうれしい。雑誌のグラビアページみたいなのではここまでていねいに教えてもらえないもの。
もっとも私の作るお弁当は基本が「夕食の取り置き」だからおべんとうのためにだけここまで作ることはしないのですけれど、逆に夕食をお弁当を意識して作るのでこれらのおかずを参考にすることはあり、です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-05-29 15:17 | 日常 | Comments(6)

Commented by miduki0902 at 2010-05-31 22:46
kurashiki-keikoさんの肉団子レシピ。
私が作ると中華風になってしまいます。

こんな風に、いつまでも教えて貰える関係って良いですね。
うちの夫の母は、今はダメなので寂しいです。
夫が言う肉団子は作れない私です。
Commented by myobento at 2010-06-01 22:15
この本はほんとうに便利です。
実は私がお弁当ブログを始めたのは、この本の影響大なのです。毎日お弁当の写真をとって、ファイルに収めてらっしゃる先輩の話を読んで・・・今なら、ファイルよりもブログかな、と思いついたのです。
Commented by hiyo-aomori at 2010-06-01 22:20
こちらも昨日運動会がありました。
岡山時代からだいたい私一人での参加なので、
お弁当・場所取り・ビデオ撮影は私の仕事です。
お弁当は豪華ではなく、子どものリクエストが
毎年同じなので、毎年同じお弁当です。
特にピーマンのかか煮が大好きなので、
これははずせません。

『やっぱりお昼はおべんとう』、私も愛用しています。
おべんとうといわず、普段の食事にも十分使えますよね。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-06-02 03:50
miduki様、私のレシピはあまり宛になりませんが、娘が聞いてくれること自体とてもうれしかったです。
ご主人様のお母様に習えるなら習ったらよかったですね。ご主人のお袋の味、作って上げられるとうれしいでしょうから。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-06-02 03:51
myobento様、あらまあ、この本がきっかけでしたか。
本当に、このおべんとうの本、いろんな切り口からおかずが引けてうれしいですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-06-02 03:53
hiyo-aomori様、この本の愛読者のお1人でしたか。
ご主人様が出られないのではお1人で大奮闘ですね。
うちも子どもが小学生の頃は社員旅行だったり仕事だったりと夫がなかなか出られず、写真だとか場所取りまで私でした。お弁当のおかずもその家々の定番があるようですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 怒りのぶどう棚? 家族新聞「あじさい通信」157... >>