怒りのぶどう棚?


d0031853_5583785.jpg生協でぶどうの苗を買っていました。とりあえず適地を考えていて、鉢植えにしていたのですが、だんだんつるが延び始めてきたので、おばあちゃんエリアの濡れ縁の前に棚をこしらえることにしました。
29日(土)、やっと夫とホームセンターに行き、1m80cmの長い杭と、太目の針金を買ってきました。
たまたま工事の大工さんがいて、「そんな長いの、台に乗らないと打ち込めませんよ。」もちろん台に乗って打ちこむつもり。
が、外枠の位置などが夫と折り合わず思うようにしてくれなかったので、もういいよっ、とばかりに私が細腕?で脚立に乗って小さなかけやで打ち込みました。こういうところ薪割りだの庭木の剪定だのまで一手に引き受けていた実家の母を見ていたためかもしれません。(よく「自分ひとりでできないのは子作りくらいのもの」と言っていましたっけ
 5時過ぎ、見かねた大工さんが、「こんなの、建前のことを思うと赤子の手をひねるくらいなものだ」と、打ち込みの仕上げをしてくれ、無事四方の杭うち完了。・・・と思ったけれど1本がぐらついていたのですけど。

d0031853_65567.jpg
30日(日)午後、針金を外枠から引っ張るのをしようと、作業にかかったら、杭のうちの1本がぐらっとして倒れ掛かり、あわてて補強の細いのを脇に立てて、なんとか、しかしペンチが見当たらず、ラジオペンチでやったら太い針金、なかなか切れず、おまけに頭で描いていたようにピンと張ってくれず、らせんにコイル状に巻かれていたくせがそのままの、うねりのあるまま。がっかりしながらも3本ほど横桟を造り、なんとかぶどう棚らしくなった、かな?
思ったよりもずっと小ぶりの不細工な棚ですが、肝心の苗木がまだ小さいのでどうなるやらです。
そういえば中学時代の読書感想でスタインベックの『怒りの葡萄』を書いたのを思い出しました。

 庭に水遣りをしながらおばあちゃんがとても喜んでくれて、葡萄がなるのが楽しみ、と言っていました。果たしてなるだろうか??
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-05-31 06:09 | 日常 | Comments(2)

Commented by at 2010-05-31 23:14 x
ぶどう棚作りお疲れさま~美味しい葡萄ができるといいですね!
「怒りの葡萄」私も読書感想文を書いた覚えがありますよ。

お孫ちゃんの寝顔かわいいですね(^^)☆
Commented by kurashiki-keiko at 2010-06-02 03:48
藍様、葡萄のつるだけは今どんどん伸びていて楽しみです。「怒りの葡萄」はアメリカの大変な時代のことを描いていますが今の日本でもこんな風な小説ができるくらいの大変な時代だとは思えます。
孫のよい表情を捉えるのは結構難しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 久々の合唱練習、行きたいと願って 娘からー運動会のお弁当作りは? >>