兵庫県たつの市の古い町並みを散策

6月27日(日)、兵庫県たつの市へ行ってきました。
倉敷からの行程は約91km、うち有料区間約84kmでしたが、2,300円のところ1,000円にETC割引がありました。
この記事はメールマガジンWeeklyKURASHIKI 週刊くらしきタウン情報の記事としてもご覧いただけます。よかったら購読配信申し込みをお願いします。
d0031853_527382.jpg


d0031853_5305435.jpg
こんな経路で歩きました。(町の地図はクリックすると2倍になります)

d0031853_5331141.jpg以前止めたことがあるので、かなり奥まったこの駐車場からスタートしました。(実はそれより入れやすい市営駐車場ができていたのですが)
 調べてみると、龍野(合併により数年前からひらがなのたつの市となった)に行ったのは今回が5度目らしいことがわかりました。ブログを始める前の記事は、メールマガジンに掲載されています。この記事の末尾にそのときの、今回よりずっと詳しいもののリンクを張っていますのでよかったらそちらもご覧ください。


d0031853_5342189.jpg
この町は童謡「赤とんぼ」の作詞者の三木露風の生誕地なので赤とんぼをデザイン化した側溝のふたが各所にあります。ところどころで足元を注意してみて歩くのもまた一興。
d0031853_5352610.jpgd0031853_5354170.jpg


















d0031853_536501.jpg
右手は「ああ玉杯に花受けて」の作詞者の矢野勘治氏の旧宅です。この日はそちらへ向かわず、横を流れる十文字川に沿って下ってみました。

d0031853_5392917.jpg
左の深い木立のおかげでこの場所は明らかにほかより数度涼しく感じられました。このあたり、武家屋敷も近いし、広壮なお屋敷が多い地域でした。お醤油などで財を成した人なのかな?町の成り立ちを推理しながら歩くのは興味深いものです。

d0031853_540142.jpg
向こうの山の上には、国民宿舎赤とんぼ荘が見えます。

d0031853_5413498.jpg
前日の大雨の影響で水かさは多くてドウドウと流れていました。

d0031853_5421629.jpg
こちら旅館、お食事もできるようでメニューも掲示してありました。いい雰囲気。

d0031853_5433813.jpg
ずっと歩いて、トイレを探していたら、土手近くにありました。こちら、市営観光駐車場。なんだ、川沿いの便利なところにトイレつきで駐車場があったんだわ、と、利用。

d0031853_545071.jpg
駐車場脇にこんな説明板。ふーん、土手の堤防も色々あるんですね。しかも景色が見えて建物を移転しなくてよいように、畳をはめ込むなんて。災害時に家々から畳を持ち出してあの隙間にはめ込むなんて、びっくりデス。
d0031853_5464885.jpg
重い畳をあそこまで運んであの上からはめ込むなんて、年寄りには無理みたい・・・景色は確かにこの方がよく見えます。
d0031853_5484773.jpg
格子の家。倉敷格子とはデザインが違いますね。

d0031853_5493081.jpg
家の中に土蔵を造った、初期の作りの家、小林家住宅の説明。肝心の家の写真を撮るのを忘れました。土蔵が家の中にめり込んだような構造の家でした。

d0031853_5504652.jpg
古いお菓子屋さん。このあたりこんな感じのお店が多くて風情があります。(ただし人は歩いていません・・・)

d0031853_5513866.jpg
こちら、麹(こうじ)屋さん。もろみを以前着たときに買いました。

d0031853_5523147.jpg
この家も確か以前来たときに町屋の休憩所でビデオで説明を見たような・・・

d0031853_5532449.jpg
2度ほどここでお昼を頂いた軽食・喫茶「エデンの東」。この日は、別のところで食べようよ、と通過。

d0031853_554548.jpg
ここも古い感じのお菓子屋さん。

d0031853_555279.jpg
うすくち醤油博物館も、腹ペコだったので見ずに通過。もっとも2,3度中を見たことがあります。


結局、車まで戻り、国民宿舎「赤とんぼ荘」のレストランではどうかと言うことになり、車に乗って山に登ってみたら、イベントでもあるのか、道沿いにずらーりと路上駐車の列。これは無理無理、と、一方通行の細い細い道をふもとまで降りてきて・・・

d0031853_5593623.jpgこちらのお店「お食事処さくら路」へ。同じように、国民宿舎に入り損ねて下りてきたお客が多いのか、お店の厨房には女性が1人だけだったので、かなり待ちました。

d0031853_604918.jpg
こちら、名物のおそうめん。650円。待ったのでよけいに腹ペコだったので、とってももの足りなかったです。「ご飯ものはみんな売切れになってしまって」とお店の人が言ったわけがわかりました。

d0031853_633498.jpg
仕方が無いので名物しょうゆせんべいを買って道々食べながら帰途に着きました。せんべいを写すのを忘れました。こちらは頂いた袋です。宮本武蔵修行の地なんだそうでした。

前回のたつのレポートブログ記事は2009年9月8日でした。こちらです。(そっちのほうがより力が入っていて詳しいです)
メールマガジンWeekly KURASHIKI 週刊くらしきタウン情報2004年40号には、Keikoのお出かけ日記(144)龍野・歴史散歩 と題して掲載されています。取材の日付は2004年10月10日です。こちらです。2004年にはまだこのブログを始めていませんでした。
同じく、2002年34号には、Keikoのお出かけ日記(44)兵庫県龍野市「童謡の小径」と聚遠亭
と題して、掲載されています。こちらです。このときが2度目だと書いてありますから、今回は5度目の訪問と言うことになります。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-06-28 06:05 | おでかけ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 超・早起きして家計簿付けその他 自分のやりたかったことに挑戦―... >>