大変そうと思うか楽しいと思うか?

 先日の夏休みの励み表←こちら、出来ない事もあったけれどけっこう楽しんでやったので、日曜日に来たお嫁さんに見せて、(面白いからあなたもやってみたら?と言おうかと思って)「こんなのやってるのよ」と言ってみたら、
「・・・大変そうですね。」
・・・そうか、彼女はまだ家事に慣れない上に4ヶ月の子供のやれお乳を飲んだの今日はよく泣くのと一生懸命でここまでするゆとりはないなあ、と納得。
ゆうくんのお守を息子と夫に頼んで、二人でその日の献立、鮭フレーク入りの五目寿司を作りながら合わせ酢の加減だとか具のことなどを伝えます。中の具は、鮭フレークのほかにはごぼう、人参、筍、高野豆腐のさいの目に切ったの。飾りは錦糸卵、えび、しいたけ、インゲン、好みで紅生姜でした。
 「食べたもの調べ」もあわせてやっているので、この日の献立に青菜として小松菜の胡麻和えと、お汁に海藻のわかめを入れて10点満点になることを説明。お寿司の中身にはあらかじめ午前中に煮ておいた高野豆腐と椎茸も入るのでここで豆類がたっぷり摂れました。お嫁さんの練習材料はごぼうの笹がき。子供の頃に鉛筆をナイフで削った私とは違い、手つきが難しい。左手のごぼうはくるくる回す、右手の包丁は上下運動、と持ち方と手つきを伝授。普段こんな和食を自分では作らないだろうけれど、会得してもらいたい。・・・そんな感じで週末はミニお料理教室を開催中。
友の会のお料理教室の面々に比べると赤っ恥みたいな私ではありますが、どこへも出かけられない今の時代のお嫁さんに少しでも向上してもらいたいとの願いをこめて。
d0031853_5152464.jpg



26日(月)、友の会の先輩にブレッチェンのレシピを教えていただき、10月の創立記念例会に向けて焼けるようになりましょうと呼びかける手前、自分で焼かないでどうする、と、重い腰(精神的にも肉体的にも?)を上げて夕方4時、おばあちゃんへ夕食を早く作って時間がちょっと空いたので、夏場だから発酵が早いだろうと取り掛かってみました。

d0031853_512180.jpg
強力粉なんてめったに使わないもので、賞味期限切れの古いもの。それでも練っているうちに、子供達が小さかった頃に家で焼いていた頃の触感が思い出されて、これこそ昔取った杵柄だなと・・・レシピには書いていませんがたしかこんな形、と、お箸でぐぐっと真ん中にくぼみをつけて。セールに出すわけではないので目分量で切ったら大小できました。
 ここら辺で、夫が「今日もやってくる」と、ジムに行ってくる旨の連絡が入り、そうだ、私も・・・とWiiFitを起動したのがあだ。そっちが気になって、発酵のほうが・・・どうも加減がわからず、こんなものかとオーブンへ。

d0031853_563434.jpg
教えられたとおりに170℃、14分で焼いてみたら、いい感じに焼き色は付いたものの・・・
粉が古くて粘りが足りなかったのか、じっくり発酵を待たなかったためか、随分小ぶり・・・
この分量でどのくらいの大きさになったらいいものかという基準がよくわからないところもあって、1回目はこんなものか。
 試食してみたら、バターとかが入らず、お塩とお砂糖とイーストと水というシンプルな成分なので、食事の主食としては最適、あっさりして飽きない味。ついついダイエットしたい体なのに2,3個食べてしまいまして。
 これなら皆さんに主食として作っていただきたいシンプルなパンだわ、と納得。
あとはちゃんと強力粉を買ってこなくちゃ。→私
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-07-27 05:12 | がんばったなあ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 合唱で送られた 頑張って、子育て中のご夫婦! >>