同窓生と


d0031853_723440.jpg
原爆の日の6日、この夏の暑さもピークと思われる中、午前10時~2時半ごろまで、同窓会のとある部会の集まりがあってまた出かけました。
 9月20日(月・祝)にある行事にパワーポイントで流す写真の選定作業が中心でした。親子孫ほどの年代の差のある同窓生でしたので、昔の和服姿の写真は年配の先輩に、中ほど?の写真は私に、などなど、「この先生は何学科かしら?」「同じ学科でないと先生のお顔もよくわからないわね。」「戦争中は建物を真っ黒けにされていて、戦後すぐの入学だったから私たちのころはまだ黒さが残っていたわ」
 それぞれの年代で知っているエピソードを聞きあい、これまで知らなかった学校の歴史に「へぇ~!」の連続。私も私の時代にあったある行事の中でのエピソードを披露したら、みんなから「へぇ~!!」と言われて、幸せな時代に学生生活を送らせてもらったんだな、と感謝。
 大先輩は、1949年ごろの入学で、満員列車からぶら下がるようにして通学していたとのこと、駅まで歩く道も遠かったそうで、今では横着にもなかなか歩くということをしないね、と話しました。

 なにしろ全部で4千余枚のなかから理事?さんがあらかじめ選定したものの中から、とはいえ、大変な枚数。しかし歴代学長のお写真と教授がたのお写真などを並べた後で、授業風景、行事風景、建物の様子などをわかる限り年代順に見せていくという大まかな方針が固まり、それに沿ってなるべく人物のお顔がある程度わかりやすいもの、部活動などは1人だけ写っているのは排除、単なる学生の記念写真もなんだかわからないので排除、わがグリークラブは衣装のドレスをまとってのステージを採用されて一安心。

 あれこれしていたら12時半がきて、気を利かせて理事?の方の手配により、お弁当が同窓会の費用からといって出されました

 で、最後に私に宿題が。当日のプログラムのパンフレット作り。といってもB5の8ページほどで、文字数はとても少なく、来賓の先生方のお名前のところが多いくらいで、あとは楽譜のコピーが入るくらい。表紙にする正門の写真は帰りがけに撮影していくことにしました。あとは表紙の紙の色。昨年が黄色、一昨年がブルーだったので、今年は薄い黄緑色に決定。
2時半ごろになり、途中帰られた人もいたので残った4人ほどで片付けて帰りました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-08-07 07:42 | おでかけ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< M先生を囲む会 だ~れが生徒か先生か 夏のコンサート >>