お墓参り ゆうくん、宮参り以来の遠出


d0031853_2257097.jpg
お盆の墓参り、あかちゃんのゆうくんを連れて行くべきかどうか迷いましたが、やっぱりいつも墓掃除のお世話になっているNさんにも見せたいし、ということで、これまで持っていなかったベビーカーを買ってから出かけることにしました。
 5万円くらい出すと、タイヤも太くてしっかりしていて、日よけもフルに囲んでよいものがあったのですが、使用頻度を考えるとそこまで出さなくても、そこそこでたたむと出来るだけ小さくなるものがいいかな、と2万5千円くらいのを購入。
 早速車に積み込んで、赤磐市のお墓に向けて出発。
 昔はお弁当やスイカをクーラーボックスに入れるなどして、この一段高いところに敷物を敷き、ピクニック気分でお弁当を食べていました。高速道路が出来たり、ドライブインでたべるようになったりしてここでたべることがなくなりましたが、高台にあって景色もなかなかよくて、大きな柿木の木陰があって、しかも昔は夏の暑さも今ほどでなかったので楽しく過ごせていたのだろうと思います。
 いつも墓地の草刈をしてくださっているNさん宅に行って桶に水を頂くのですが、そこでこれまで長い間世話してくださっていたおじいさん、今年102歳におなりになるとのこと。びっくり。この7月にひ孫が生まれまして、というおばあさんの舅(しゅうと)なのですが、するとそのおじいさんにとっては玄孫(やしゃご)のはず、元気でなにより。
 墓参りとあわせて、子孫繁栄、輪廻転生、営々と続く先祖から子孫へという流れを感じたことでした。
 ゆうくんはベビーカーで柿の木の木陰で私たちが花を備えるなどしている間待機してもらっていました。初めて見る景色、きょろきょろ、そのうち大泣き。暑かったのかのどが渇いたのか。車内で授乳してもらっている間に桶を返しに行ってきました。この15日で5ヶ月になるゆうくんの初めての遠出でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-08-14 00:44 | おでかけ | Comments(1)

Commented at 2010-08-14 11:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< お盆、みんな集まって 歌詞カード配布 >>