恐竜と出会いに

「ようこそ恐竜ラボへ《化石の謎をときあかす》」岡山市デジタルミュージアム、
2010.7.10~8.18

d0031853_5553443.jpg
わーお、こんなことになったら大変。
夫のお盆休みの最終日の16日(月)、特に見たい映画もやってないし、昨年は牛窓へ出かけたのでしたが、さて、どうしよう、と東へ向かっていて、ふと、「(岡山駅北の)デジタルミュージアムで恐竜の展覧会をやっていたわ、見てみる?」という事で行って来ました。
思った以上のスケールの大迫力。

d0031853_5582770.jpg
「ジュラ紀」とか「白亜紀」とか、おなじみの言葉。映画「ジュラシックパーク」は私は見てないのですが、人類が生まれるはるかはるか昔。

d0031853_5595660.jpg
d0031853_601452.jpg
私たちが歴史の始めのほうで習ったのは、シーラカンスだとか始祖鳥、そうそう、これくらいでしたっけ。

d0031853_632499.jpg
d0031853_634592.jpg

d0031853_641366.jpg
ゴビ砂漠に夏の7月8月の暑いけれど天候が安定して発掘しやすい時期に、15,6人の調査隊が水や食料なども含め持参して調査し、化石の含まれる付近の地面ごと固めて人力でトラックに乗せて持ち帰った貴重な資料を、ていねいにていねいに、こうして掘り出して行っています、という実演もありました。なんとも根気の要る繊細な仕事です。
d0031853_664387.jpg
化石をきれいにするための道具類。うちの大工道具などもこんなふうに整理収納できたらなあ・・・・

d0031853_673285.jpg
1個1個の化石からシリコンゴムで型を取ってレプリカをこしらえてこのように組み立てていくのだそうです。おかげで私たちもこうして見せてもらうことが出来ます。

d0031853_691288.jpg
「恐竜と歩こう」足跡の間隔は大人の歩幅よりだいぶ広い。「けんぱ」の遊びみたいで楽しい企画でした。

d0031853_61917.jpg
 林原自然科学博物館、企業メセナの一種なんでしょうが、大変貴重な研究だな、と感じました。夏休みの子供たちにとっては格好の勉強、遊びの場、ノートを取りながら、とかデジカメの写し方をお父さんに教わりながら、という子供達が大勢いて、またこちらも楽しくなりました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-08-17 06:13 | おでかけ | Comments(0)

<< 天袋のリネン類の片付け お盆、みんな集まって >>