岡山県高梁市 吹屋ふるさと村

地図はこちら⇒http://laforet-fukiya.com/shuhenchizu.pdf
8月22日(日)、毎日のように猛暑日が続くので、少しでも涼しいところへ、と、標高の高い吹屋へ行ってみることにしました。行程は一般道で53㎞くらい、倉敷から約2時間、現地では2時間ほどを過ごしました。
 吹屋ふるさと村は、標高550mの岡山県高梁市吹屋地区にあり、銅や砂鉄、薪炭、雑穀の問屋や、弁柄の産地として幕末から明治にかけて栄えた所です。これらの銅や鉄、弁柄は成羽から玉島へと船で運ばれ、江戸時代から成羽や玉島の繁栄をもたらしたそうです。
平成22年3月20日から11月28日までの土日・祝日には観光周遊バスがJR備中高梁駅から大人3,800円で出ているそうです。駅のみどりの窓口でチケットを購入できるそうです。私たちはその高梁駅9時50分には間に合わなかったので車で行きましたが、バスだとガイドもつくのではと思いますので、いずれ乗ってみたいと話しました。

d0031853_5135078.jpg
途中分かれ道で迷っていると、サッシ屋さんの軽トラが通りかかり、方角を教えてくれ、その道を抜けたところで待っていてくださってさらに親切に行き方を教えてくださいました。感謝感謝。
「ラフォーレ吹屋」のサイトに詳しい道順と写真が掲載されているのを見つけましたのでリンクしておきます。カーナビは近づいたら切って上のリンクの地図とこちらの写真を頼りに行ったほうがよさそうです。http://laforet-fukiya.com/akusesu-kuruma-kayou2.html
 周辺の広兼邸や西江邸には以前行ったことがありますので、今回は弁柄の町並みを散策し、山菜そば・うどんを食べ、現役木造校舎の吹屋小学校を見学、ラフォーレ吹屋で休憩、このほど見学できるようになった旧片山家住宅と、お向かいの郷土館を見学してきました。

d0031853_5171873.jpg
 到着は昼ごろでしたので、今回も町並みから少し外れた所にある地元のうどん屋さんへ。入ると8割がた席は埋まっていました。

d0031853_5184784.jpg山菜うどん450円、手打ち山菜そば550円。奥の調理の人はもちろん地元の人で、お客も顔見知りが多いようで「近頃どうしてる」とかいう会話がうれしい。そばは手打ちで短く切れるところを見るとそば粉の割合が高いようでした。

d0031853_520134.jpg
そのあと、そこから100mほど坂を上ったところの吹屋小学校の見学に。映画のロケなどでも使われたとかいう文化財にもなっている小学校の校舎は、昔の町の予算の何倍かを使って建てたというだけあって今でも立派な姿を見せて現役で使われている貴重なものです。きっと丁寧に雑巾がけなどもして守っているのでしょう。
d0031853_5202330.jpg
通りのお店の表に掲示してあった創建当時の写真。


d0031853_5212773.jpg

 小学校の運動場からさらに上の方に、「ラフォーレ吹屋」があります。元は吹屋中学校だった敷地だそうで、建物は小学校を模して造られていました。窓越しにレストランがにぎわっている様子が見てとれ、うどんを食べたばかりだったので、

d0031853_5231666.jpg
喫茶のほうで休憩。大きな荷物をホテルに取りに来た宿泊客もいて、撮影で来たのかなと思いました。

d0031853_527690.jpg
 建物見学をさせてもらった旧片山家は、今年の春から奥のほうまで見学できるようになったようでした。入場は大人400円で、お向かいの郷土館の建物と合わせて見学できます。片山家は国指定重要文化財で、宝暦9年(1759年)の創業以来200年余り吹屋弁柄の製造・販売を手掛けた老舗だそうです。店の間から土間を通って奥の間、台所と続き、
d0031853_5274659.jpg
d0031853_528133.jpg
その奥の蔵には弁柄の製造工程を図やモデルの人形を使うなどして展示があり、
d0031853_5293760.jpg
さらにその奥の蔵には、片山家の所蔵した什器や書籍類、遊びの道具などの展示品がありました。教養を高めるための書籍の中には
d0031853_5303131.jpg
「学問ノススメ」だとか「古今集」などもあり、また遊びの道具類では義太夫のレコードなどもあり興味深く拝見しました。
 お向かいの郷土館は以前から一般公開されていたので一度入ったことはありましたが、
d0031853_5313790.jpg

d0031853_532094.jpg
土間の箱階段、中庭のからくり雨戸、2階の隠し部屋、1階の隠し戸棚のある凝った押入れ戸棚、台所の女中部屋への階段も無駄なく戸棚をとってあるなど、興味深いものでした。写真上は中庭のからくり雨戸、下は台所から表の道の方角を見た所です。

d0031853_5335957.jpg

 また、家々の表の格子にはそれぞれの家の元の商売や構造上の特徴などの説明板が保存会によってつけられているのでありがたく、興味深く拝見させてもらいました。
 山の上のシャングリラのような吹屋の町並みでした。

吹屋ふるさと村サイトhttp://www1.ocn.ne.jp/~nariwa/fukiya1.html
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-08-23 04:55 | おでかけ | Comments(2)

Commented by miyakeoriibu at 2010-08-23 22:48
こんばんは!
今日も暑かったですね。
吹屋ふるさと村へは昨年行きました。
吹屋小学校が木造校舎では日本一古いようですね。
広兼邸には行かれませんでしたか。
遠縁に当たります。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-08-24 03:27
miyakeoriibu様、おはようございます。(2時50分起床)吹屋ふるさと村はたぶん3度目くらいでした。
広兼さんとご親戚ですか。それはびっくりです。
あそこも映画「犬神家の人々」でロケに使われたとか。霞たなびくとまるで要塞みたいでちょっとないような広壮なお屋敷ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< レシピの整理 今朝の読書「時をむだにしてなま... >>