海鮮丼を食べて魚を買いに  鳥取県境港市

 NHKのドラマ「ゲゲゲの女房」を見て、夫が「境港に行こう」と言い出したのですが、「妖怪には用がない」「水木しげるロードはどっちでもいいけど、境港で海鮮丼をお昼に食べてお魚を買ってくるのなら」ということで出かけることにしました。
 出発は10時40分と遅めでしたので、カーナビで目的地をセットすると、到着時刻は1時ごろと出ました。行程は157㎞ほど。高速料金は岡山道が無料化実験中なのですが、中国道、米子道を通って1,000円でした。

d0031853_4241736.jpg
「日本海まで100㎞」の看板。太平洋から日本海まで高速道路網でつながっている、という宣伝ですが、遠いと思うか近いと思うか?
山々はくたびれたような緑、夏は過ぎ秋に向かっていますがこの暑さ。

d0031853_4254636.jpg県内でたぶん一番長いと思われる摺鉢山トンネルの入り口。

d0031853_4262510.jpg車でも向こうへ出るまでしばらくかかります。ラジオの音が途切れました。以前は途切れなかったと思うのですが。
 
d0031853_4274651.jpg
お天気が良かったので大山(だいせん)が見えました。雲で見えないことも多いのでよかった。
気温は途中の蒜山あたりで31℃、県境の江府(こうふ)付近で29℃でした。

d0031853_4283366.jpg
米子に入ると、所々で渋滞。右車線でラジオを聞いていたのでわからなかったら、隣の人が窓を開けて何か叫んでいるので、「え?」と窓を開けると、後ろから救急車が来ているから道を開けるようにということ。あわてて右に寄って間を開けると、救急車が通りぬけて行きました。
 このあたりはケヤキ並木があるので、渋滞していてもイライラ加減が違います。この渋滞はニトリの駐車場待ちが原因のようでした。
 
d0031853_430733.jpg
境港のおさかなセンターへの道。バイクのツーリングの若者が多く見られました。

d0031853_4311749.jpg
海鮮レストラン「味平」店内。船のようなしつらえが中央部にあり、その中の席はお座敷になっていて、船の周囲はいけすになっていて、カレイが泳いでいました。
d0031853_4525428.jpg

d0031853_4324920.jpg境港さかなセンター付近にはここと、回転ずしのお店しかなく、ほぼ独占状態なので、7組か8組くらい待っていて、やっと席につけたと思ったら20分くらいかかりました。食べられたのは午後2時前。

d0031853_435123.jpgせっかくなので頑張って2,000円の特上海鮮丼。さすがにボタンエビがどーんと乗り、あとはさわら、イクラ、タコ、鮭、ウニ、鯛、いか、アジ、カンパチ?、カニが乗っていました。

d0031853_4365945.jpgついでに頼んだアワビの刺身ですが、1,500円だというのに、こんなにちょっぴり、たったの5切れでした。ちっちゃな1切れが300円。歯ごたえはコリコリでしたが。
 満員で忙しい中、従業員の女性たちが笑顔でてきぱきと働いていたのには好感が持てました。


d0031853_4384943.jpg
本日次の目的地のおさかなセンター。

d0031853_4393780.jpg
ワイワイと賑わっています。日生漁港のが漁師のおかみさんたちによる直接販売なのに対して、ここは卸業者さんの集まりのようです。

d0031853_4413147.jpg
時節柄か干物の店が多く、鮮魚は3分の1くらいでしたでしょうか。我が家の晩御飯で使いやすそうな大きな天然鯛が2,500円のところを2,000円で、イカの大きいの3杯を2,000円で。それぞれ3枚下ろしなどに調理してもらって、氷の入ったトロ箱に入れてもらいました。

d0031853_4532862.jpg

鳥取側から見た大山。景色が広くて気持ちがいいです。

d0031853_454657.jpg
いたるところで10人前後のバイクのツーリングの若者がいました。
それにしても、片道約2時間余りの遠くて贅沢なお昼ご飯でした。


d0031853_4594114.jpg
帰宅後、鯛のあらに急いで塩をして、鯛の潮汁、鯛とイカのお刺身を作りました。イカが透明で甘くておいしかったです。鯛は5人前のお刺身と、翌日用に塩焼きの切り身が3切れ取れました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-09-06 04:55 | おでかけ | Comments(7)

Commented by cyaa8989 at 2010-09-06 13:23
初っ端から面白いだじゃれを笑い、写真を見ながら読んでますと
ケヤキ並木も松防風林もしっかり見覚えがあります。

海鮮丼や鮮魚も安くて、値段交渉は楽しいですね。
私は魚山亭の海鮮丼¥1,050を頂に行きます^^
ここも安くて人気ですよ。
ご主人様と素敵な時間を過ごされましたね^^
Commented by kurashiki-keiko at 2010-09-07 16:09
cyaa8989様、「なんかヨーカイ?」なんて言いたかったのですが、ひねりが足りなかったですね。
魚山亭というのは知らなくて。とにかくいつも準備も何もしなくてふらーっと出てしまうというのがわれら夫婦のパターンなものですから、いい加減なレポートでごめんなさい。
Commented by myobento at 2010-09-07 20:49
そうなんですよね。中国山脈を越えるのって、けっこう時間がかかりますよね。この春、広島から松江に行くのに、バスで3時間以上かかってびっくりしました。
でも、瀬戸内海とはお魚の種類が違いますから、ときどき日本海に行きたくなる気持ちはよくわかります。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-09-08 04:36
myobento様、広島から松江へ、バスでは大変でしたね。
中国山地は南北に結構長いというか厚みがあるというか。
お魚の種類に関して言えば、ハタハタ、ノドグロ、ボタンエビと、こちら瀬戸内では見かけない鮮魚があってやはり地域差を感じました。
Commented by らく at 2011-03-02 21:07 x
日本海までの看板を探していてここに流れ着きました。
写真綺麗に撮ってますね、ほんとに上手。
バイクの若者という記述がありますが、バイクは若者少ないですよ。特に大きなバイクは、年寄りばかりです。
Commented by kurashiki-keiko at 2011-03-02 22:24
らく様、ようこそ、初めまして。
確かに、ヘルメットに隠れてよく見えませんが、
降りてくると年配ということが多いですね。
しかし若者もいますよ確かに。
Commented by らく at 2011-03-03 07:58 x
はい、たまには若者もいますね。
道の駅の駐輪場などで観察しておりますと、稀に二十歳代だと思われる方が跨っていると、ちょっとうれしくなります。車にもバイクにも興味が無いと言われております、いったい何をやっているのでしょう。聞いてみたい気がします。でも、価値の多様化が進んだのはいいことだと思いますね。

<< ブックカバー 大学同窓会行事の準備 >>