「立て、立つんだ、ジョー!!」みたい・・・

 10月8日(金)、背骨の圧迫骨折からちょうど2週間になりました。母に義妹と2人で肩を貸して車に乗せ、整形外科へ。F義肢の人が、採寸したデータをもとに母にピッタリのコルセットが出来たのを持参してくれました。胸の側はマジックテープをいくつも利用して止め、背中側にも靴ひもみたいに締めてさらに本人の体に沿うようにできるもの。
シャツの上から装着してもらい、立ってみる。採寸したオーダーの品なので特に当たる部分もなさそう。42000円を越したけれど、市役所の後期高齢者医療係に申請したら9割が返ってくるそうでありがたい。ただ申請に行く時間を生み出すのにちょっと頭をつかうだけ。福祉は黙っていては向こうからしてくれない。
 帰宅後、さっそく我が家の食卓に座って食事しては、と思い、義妹が食卓につかせてくれたが、医者に行ったので思ったよりくたびれた様子で、テーブルに伏せてしまう。それで休憩のためパジャマに着替えベッドへ。コルセットは寝ると必要ないのでここで外すと、しばらく眠ってしまいました。
 
 細かいことはともかく、これを契機に、これまでほぼ全部をベッドの上でしていたことを、排泄は必ずトイレへ連れて行くことにしました。ベッドから起き上がる動作の時に背中の骨折が痛むので介助が必要ですが、立ってしまうと意外にすたすたという感じで手すりを持ちかえながら行くことができるのにびっくり。以前はこの立つ瞬間に「いたたたた・・・」と叫んでいたのが、少しは痛むらしいですががまんできる程度まで回復しているらしく、良かったよかった。
 そして、昨日までは寝たままで差し込み便器を置いてしていたので漏らしてはいけないと思うのか、3時間に5回という新記録も出た排尿の介助が、1時間半くらい持つこともあるようになり、大きな進歩です。それも、トイレでできるという安心感からくるものではと思われます。ただ、ベッドから1人では起き上がれないので、起きるときだけは介助が必要。

 また、食事もベッドの上で横たわったまま手で食べていたのを、ベッドの上半身を起こし、ベッド上とはいえ、小さい机を膝のところへ置いて座って食べてもらうようにしました。やはり上半身を起こしただけでも、食卓が見渡せるし、食べやすいので、よく食べてくれました。
 献立は、おにぎり(ちりめんじゃこを熱湯で塩抜き、軟らかくしたもの入り)1個、大根のまびき菜のコマ和え、カボチャや小芋の煮物、それにさわらの塩焼き。さわらが大きかったので半分残したほかは全部食べていました。やったね。冷やした麦茶がお好みで、これだけは倒すと危ないのでストローつきマグカップの介助用品でしたが、よく飲みました。

 最後にこの姿勢で歯磨きまですればよかったのですが、忘れていて横になってから歯ブラシ、うがいをして、先日買ったばかりの三日月形容器が役立ちました。
 骨折して回復に1か月、と言われた時には、(このまま寝たきりになるのでは?)と大変危惧していました。入院させると、(どこかの知らないおばあちゃん)、という看護師さんとの関係から話の種もなくほっとかれて認知症が進んでしまう気がして、入院させないで自宅で介助するのを選択しました。自分でも乗り切れるかと心配でしたが、快方に向かい本当にホッとしました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 戦う主婦へ
にほんブログ村


 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-10-09 04:02 | うれしかったこと | Comments(10)

Commented by cyaa8989 at 2010-10-09 13:39
あしたのジョーですね。
厳しい裏の愛情ですね^^

順調な回復の裏には皆さんの連携プレーがありましたね。
善意が良い結果をもたらしたのでしょうね。
リハビリ頑張って下さい。
Commented by タック at 2010-10-09 14:29 x
心を込めて面倒をみてもらっている様子が
大変よくわかります。
楽しみだったデイケアに行けるようになるのが
当面の目標でしょうか。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
Commented by yochy-1962 at 2010-10-09 18:14
大変ですね。でもいつでも前向きに立ち向かわれているような感じで、ちょっとホッとしました。
「福祉は黙っていては向こうからなにもしてくれない」……なるほどねえ。まだピンとしない言葉ですが、いずれオレにも身に染みて分かるときがくるんだろうな。
Commented by miyakeoriibu at 2010-10-09 20:59
お義母さまとkeikoさん 二人三脚で頑張っておられる姿は
美しいですね。
寝たきりになられるのではと心配しましたが良かったですね。
全部して差し上げるのは簡単ですが、それではお義母さまのリハビリになりませんね。
どうかお疲れを出さないようにしてください。
Commented by nobunobu_ok at 2010-10-09 22:21
お義母様 大変でしたね。
お見舞いが遅くなって申し訳ありません。
でも、案外早くトイレにいかれるようになってよかったですね。
しかしお義母様もお歳、長期戦にならないようにお祈りします。
お疲れの出ませんように。 
Commented by kurashiki-keiko at 2010-10-09 23:24
cyaa8989様、そう、「あしたのジョー」で丹下段吉?が言うセリフです。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-10-09 23:25
タック様、義妹もよくしてくれて助かります。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-10-09 23:27
yochy様、幸い期限がありそうな介護ですので助かります。
それと以前義父の介護をしてみて、福祉はこちらから請求しないと何もしてくれないというのを実感しましたが、まさにそうなのだと思います。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-10-09 23:28
miyakeoriibu様、幸い義母が自分でできることは自分でします、という人なので良かったです。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-10-09 23:30
nobunobu_ok様、私も最初に向こう1か月寝ているようにと言われた時にはそう思いました。入院させてもらったらたぶんそうなったのではと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 病床の楽しみ 介護者の心構え >>