ママカリの押し寿司を作る

 13日(水)に買い出しの時にママカリがあったので、開いて合わせ酢につけておいたものを、14日に押し寿司にしました。
 私の母のやり方は姿寿司というか握り寿司を放射状に大皿に並べていましたが、今回教わったのは、「せっかくお魚のだしが出た合わせ酢があるのだからご飯もおいしくなるし、たくさん使いなさい」とのことで、木の折箱でもあれば、とのこと。うちには木の折箱は置いてないので、寒天の流し缶なら、というとそれでよいからとのこと。俵型にしてそこに帯のようにママカリを巻いて箱に詰めて押しなさい、とのことでした。


d0031853_4132329.jpg1.ママカリは開いてたっぷりの塩をしてしばらく置いてから、酢で洗い、合わせ酢に漬け込みます。
合わせ酢の割合は、「バラ寿司」の場合は酢と同量くらいの砂糖を入れますが、魚のお寿司の場合は1カップのお酢に対して砂糖は4割、塩大さじすりきり1杯ほどだそうです。
今回は米3合にしたので、酢は1カップでは多すぎる、75㏄ほどにして、砂糖、塩も上記の割合ほどにして合わせ酢を作りました。

d0031853_4205553.jpg魚が白くなるまで漬けておいて、酢飯用の酢を取って魚はつけておいてその酢でお寿司にする。

d0031853_4224093.jpg(写真ではちょっとわかりにくいですが)生姜の刻んだのを入れた合わせ酢をかけて寿司飯にします。寿司飯は米3合と酒50㏄、だしこぶと一緒に炊いて。

d0031853_425621.jpg生魚のお寿司なのでここでよくさましておきます。私は朝10時ごろ炊いて、午後に魚と合わせました。

d0031853_4265984.jpg寿司飯を魚の数に大体仕切りをつけて見当をつけておき、俵型に握ってママカリを巻いて、ラップを敷いた容器に詰めて行きます。

d0031853_4282172.jpgこんな感じ。この上にもラップを置いて、流し缶なので底板の部分を置いてから漬物用の3kg位?の石で押しました。

d0031853_4295299.jpg夕方やってきた義妹が、白いご飯のところにきゅうりと錦糸卵を乗せては、というのでこんな風になって、もう一度押しをかけました。きゅうりは薄切りにして塩をして絞りました。最初に教わった友の会の先輩Kさんのご指導とはちょっと違うけれど。


d0031853_431499.jpg
晩ごはんです。ママカリの押し寿司、ママカリ1匹分ではメインがちょっと不足なので、サバの味噌煮、先日ご紹介したけんちん煮(義妹にレシピを見て作ってもらったらにんじんの切り方など小さすぎた。汁物と勘違いしたそうです)、ほうれん草の胡麻和え、わかめ入りかき玉汁。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-10-15 04:35 | 料理 | Comments(4)

Commented by cyaa8989 at 2010-10-15 09:27
料理はアレンジですね、黄色と緑で色映えもよく
目でも頂く本当その通りのできばえですね。
いつか参考に出来る日を・・・・・
ありがとうございました。
Commented by usatyu4 at 2010-10-15 18:00
こんばんわ さかのぼって読ましてもらいました。お母さんのお世話も大変ですね。それにもましてご兄弟が助け合っておられるし、お見舞いの話など暖かい話に心打たれwました。旅行記楽しみに待っています。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-10-15 20:46
cyaa8989様、ママカリがあまり見えなくなってこれでいいのかなあと思いましたが、「手綱寿司」みたいでもあり、いいことにします。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-10-15 20:47
usatyu様、お読みいただきありがとうございます。
萩・津和野は前から行きたいところだったので、私も楽しみです。幸い時候も最高なので楽しんできます。

<< 津和野への車窓 90歳義母にお友達の見舞い >>