「同じ釜の飯」の仲間と会いに

(済みません、今度は珍しく夫と一緒でないので夫は留守番なのです)
学生時代私は学寮に3年間いました。親元を初めて離れて少々心細いの半分、家を出られてうれしいの半分、の1年生から、後輩の勝手な行動に悩まされた3年生の室長時代まで。
いろんな寮生の行事もあったし、北から南までいろんなところの出身者の友達が大勢できました。
で、その同級生の仲間の一人が幹事になってくれて呼びかけてくれ、岐阜の高山近辺に1泊で出かけることにしました。
 まさかそのあと夫の母が骨折するとは思いもよらず、でしたが、だいぶ回復してくれたので、義妹と夫に後を頼んで、何しろ卒業以来ン十年ぶりに16人が集まるので、出かけることにしました。
 朝は8時10分の電車で出るのにこんな時間に。
 名古屋で集合するまでは一人旅。
 ともかく行ってきます。emoticon-0128-hi.gif
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-10-23 02:28 | | Comments(4)

Commented by myobento at 2010-10-24 21:52
介護の時間の中で、ままかりのお寿司を作ったり、小旅行に行かれたり、やりくりされて上手にお過ごしですね。同窓会、お天気がちょっと心配ですけれども、良い思い出がたくさんできますように。
Commented by usatyu4 at 2010-10-24 22:25
こんばんわ ずいぶん忙しい日々を送っておられますね。津和野の旅 いっきに見せてもらいました。私も行きたいところです。
今テレビで放映されている龍馬伝と重なって見ています。それからSLにも乗ってみたいし、山陰本線の日本海の見えるところも乗ってみたいです。よい旅をされましたね。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-10-26 13:26
myobento様、良い旅をしてきました。
その後忙しいのでブログアップはもう少し待ってください。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-10-26 13:27
usatyu様、念願の津和野と萩、良かったですよ。
ご参考になるとうれしいです。
いつかどうぞお出かけください。

<< うだつの町(美濃市)~古今伝授... 萩―維新への胎動の地 >>