フナめし


d0031853_14234544.jpg先日の土曜日の買い出し日に、このフナミンチを見つけました。休日のお昼にしてもよいかな、昔義母が作って1度だけ食べさせてくれたことのあるフナめし。郷土料理だそうですが、実家では食べたことがなく、おしゅうとめさんにとっては懐かしいだろうと思って。
それが、休日は外出外食したりして、冷蔵庫で眠っていて、本日、大丈夫だろうか?と恐る恐る様子を見たら、なんともなさそう。で、・・・
d0031853_14263545.jpgパックに添えられていたこの紙と、いつかテレビでちらっと見た、「油いためをしっかりすると臭くない」と言っていたのを手掛かりに作ってみました。

d0031853_14273148.jpgごぼうのささがき、大根、にんじんの千切りを油でいため、そこへフナミンチを入れ、さらに里芋薄切りと油揚げを入れ、最後にネギを入れます。

d0031853_14293026.jpg味付けは砂糖小さじ1、みりんと酒と醤油を50㏄ずつ入れ、水カップ1を入れて煮込みました。

d0031853_14294740.jpgご飯にかけて出来上がり。
いつもお昼は「食べたくないからいいわ」と言って寝ている義母、「フナめしを作ってみましたけど食べられますか?」と聞くと、「それは珍しい」と喜んで起きてきました。
フナミンチは骨がすこしコツコツ当たります。「まあ、なつかしいわ~。何十年ぶりかしらん。母を思い出します。カルシウムがとれるといってよく作ってくれたもんよ。・・・れんさーん!!」と義母が20歳ごろに亡くなったというおかあさんに呼びかけていました。
何度も何度も懐かしい、なつかしい、うれしい、ありがとう、と言われて、こんなに喜んでもらえるとは思ってもいなかったので、手探りで作ってよかったと思いました。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-11-04 14:33 | 料理 | Comments(6)

Commented by tomochi112 at 2010-11-04 19:53
お義母様、喜ばれてよかったですね。
とても美味しそうです。
私もフナ飯は懐かしいです。
子どもの頃、父が釣ってきた鮒をトントン叩いてミンチにしていた姿が浮かんできました。
結婚してからは義父がチヌで作っていました。
『ぼっかけ』と言うんですよ。
これからは温まっていいですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-11-05 10:13
tomochi様、そうなんです。昔を思い出したのでしょう、あんなにうれしそうなのは久しぶりでした。
チヌで作るとは豪華ですね。「ぼっかけ」、なるほど、ぶっかけるから来ているのでしょうか。
カルシウムいっぱいだし温まるし野菜も一緒にとれるし、帰宅した夫に話すと覚えていて、ああ夫にも食べさせてあげるんだったかと思いました。
Commented by cyaa8989 at 2010-11-05 19:18
お二人の優しさに涙がにじみました♪
嬉し涙です^^
その物の味よりも母の味、昔懐かしむ味、一番に若返りの味でしたね。
またまた長生きしてくれますね。
Commented by yoas23 at 2010-11-05 19:37
私はフナ飯なるものを知りませんが、若い頃に食べたものの味って生涯忘れるものではありませんね。
しかし味は微妙なものでちょっと塩加減が違っても別物になってしまいます。
keikoさんが作られたのは余程似ていたのでしょうね。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-11-06 09:31
cyaa8989様、そうなんです。私の作った味が義母のおふくろの味かどうかはわかりませんが、昔を懐かしむことで心やすらかになってもらえたらよかったと思います。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-11-06 09:32
yoas23様、味がどうあれ、そのものに懐かしさがあったのではと思います。たぶんお母さんの味とは違うと思います。

<< あと3週間くらいかかる・・・ 冬服を買う >>