お店のフロアに血が点々と・・・

最近海老蔵さんが殴られて血痕が階段のところに点々と落ちていたとか、テレビのワイドショーをにぎわしていますが、私も…
 実は昨日、合唱団のポスターをA44枚貼り合せようとカッターナイフで余分を切り取る作業中誤って右手人差し指を切ってしまい、輪ゴムで止血してカットバンで傷口を抑え、血が止まったしお風呂でカットバンも取れたのでそのままにして、今日、買い物に出かけました。
で、本屋さんで、婦人之友社以外の家計簿の項目など見比べているうちに、白いページにどす黒いものが。えっ?と思うと、傷が開いて血があちこちについているではありませんか。あわててポケットティッシュを出して拭っているうちにどんどん出てきて、ぽたぽたとフロアーにも赤いしみが。
あわてて家計簿の表紙やら床やらをふき取り、よごれた分は買い取らなくては、とレジに持って行きました。
 すると、手が汚れているから、と事務所の水道のところで洗うように案内してくれて、「お水、ちょっと冷たいですけど」。主婦の私に水の冷たさなんてなんていうことはないのですけれど、そういう気遣いがうれしい。カットバンを1枚では足りなさそう、と2枚貼って手当してくれました。
それからレジまで行くと、さっき表紙を汚してしまったものは、ふき取ったらきれいになったから買取しなくていいと言われ、ページの白いところを汚した1冊だけでよいとのこと。
こちらの不注意で申し訳ないのに、親切にしていただいて、本当にうれしかったです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-01 18:09 | うれしかったこと | Comments(2)

Commented by miduki0902 at 2010-12-01 20:55
カッターって危険ですよね。
私の会社はカッターは禁止なのです。

血がポトポト、想像しただけで怖いです。

何気ない人の言葉で気持ちが楽になれますね。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-12-03 09:48
miduki様、カッター禁止、ですか?
それも賢明な判断ですね。
私も血が垂れてしまった時にはあわてましたが、店員さんの思いがけない親切が心に沁みました。

<< いたわりの一言の大切さ 「月の沙漠」考 >>