ふたりの母

 3日は義母の整形外科の受診日でした。レントゲンの結果、腰椎の圧迫骨折のほうはまあものの見事にと言っていいくらいにぐしょっとつぶれている様子が見てとれ、しかしまあそれで固まった様子、大腿骨のひびのほうはボルト4本でつなぎとめられたのか前回とは変わらないように素人目には見えました。
本人は背骨の痛みは訴えず、立ち上がる時などに太もものほうは痛いのだそうです。
また骨粗しょう症の薬を1か月分処方されました。今回は病院内の移動に車いすは必要なかったものの、杖ともう片手は私が支えてそろそろと歩きました。
 終わると11時ごろ、それで思いついてせっかく久々の外出なので、ドライブに連れて行ってあげることにしました。行き先は私の実家です。とはいえいつも出歩いている実家の母が果たして在宅か心配だったのですが、携帯で確かめると珍しくいる、とのこと。しめた。
途中のスーパーでお寿司を買って、トイレ休憩も入れて、実母の住まいへ。
電話してマンション玄関まで出てもらっていて、歩くのがおぼつかない義母の手を引いて待ってもらっていてから私は駐車して、マンション8階へ。

d0031853_213576.jpgd0031853_2115833.jpg窓からは鷲羽山ハイランドの観覧車が見え、味野の町が見えて見晴らしが良いので義母は大いに気に入り、またペット代わりのロボット猫ちゃんも気に入りました。なでると瞬きしたりごろごろニャーンと鳴いたり、伏せたりいろいろしてくれます。
実母がここに住み始めてから20年くらい?になるのにまだ一度も義母を案内したことがなかったので、ぜひ一度と思っていたのがやっと実現しました。風景が気に入って何度も風景に見入っていました。また、実母のほうが70代まで趣味でやっていた写真で賞を取ったものだけを集めたアルバムを出してきたのでそれを見せてもらうと、とても楽しそうに見入ってました。
帰りには風の強い日でイチョウの落ち葉が舞っていたのを拾って帰りました。お互いに気さくな性格で打ち解けてよかった。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-05 02:23 | 日常 | Comments(0)

<< タコにアワビにナマコの夕食 いたわりの一言の大切さ >>