人間だから間違いは必ずある?

 趣味のパソコンの技術を生かさせてもらおうと、「倉敷友の会」ではここ2年、会報の係をしています。B4を横に使っての裏表とB5の縦の裏表で全部で6ページ分です。
 もともと私は家族新聞が作りたいと願っていたものですから、会の新聞も作ってみたいと思っていました。やっと念願かなってうれしいです。

 私の先代の係の人がアドバイザーで、私のときから横書きのページ設定にしました。このごろはアラビア数字も多いし、縦書きだと「縦中横」の機能ばかり使うのでは面倒。
 あとはヘッダーに日付とページ数をいれたり、ページ罫線で外枠を囲ったり、フォントを見出しでは何ポイントでどのスタイル、本文では、と最初に自分で決めさせてもらいました。
 なので、わが子のようにかわいいです。

 3人でしているので、1人がその月の活動状況から全体の記事の配置を考え、記事を何行分とそれぞれの関係者にお願いします。出来てきた生原稿をもう1人の人がざっと打って私にメールでくれます。それを最終的に私が新聞に貼り付けて体裁を整えるのです。

 7月号の編集にかかったときは、旅行の直後で、しかも合唱のコンサートもあり、おまけに夫の仕事の手伝いの伝票整理もありでてんやわんや、もひとつおまけに夫の兄も帰省してきてパソコンを使いたいと。
 今回ばかりは、うずたかく来ている原稿のファックスの山を見て、少しは遠慮してもらいましたけど。
 
 本文の記事の内容の間違いはないか、文字の間違いはないか、最後のページの予定表の場所と時間は合っているか、などなどのチェックで3日くらいはメールやファックスでの係とのやり取り。
 で、苦心してやっとこさっとこ、印刷機にかけて余分も入れて160部、いつものように刷ってそれぞれの最寄というグループに数を数えて仕分けすると、1時間半くらいかかりました。
 
 帰宅して、ほっとしながら感慨深く読んでいたら、なんと、家計簿の6ヶ月決算の記事のところで「保健衛生費」に直したはずが1箇所落ちていて「保険衛生費」がすぐそばにあった。 ずいぶん見直していたはずなのに。
 全国友の会中央部と婦人之友社、各地の友の会へ発送するので、発送の係にこの直しをしてもらわないと。
 
 それぞれのリーダーのお役の人は、先のことを考えたり人を集めたり準備したり、会議に出たりともっと大変なので、それよりはよほど楽な係ですのでこんなのはたいしたことではありません。
 自分の守備範囲では誠意を尽くしたいと思っているものの、やっぱり間違いがあるんです。 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2005-07-12 02:55 | 反省したこと | Comments(3)

Commented by yassy127 at 2005-07-12 05:41
これも大変な作業ですね。
こんなに多方面でご活躍なさると睡眠時間が少なくなるのではと心配しています。
完璧に仕上げることは至難の業です。
一つくらいのミスは少ないほうです。
みんなで許しあいたいものです。
Commented by horisam at 2005-07-12 23:27
初めまして。コメントくださって嬉しかったです。necomaru1さんからたどって、以前から拝見しておりまして、kurashiki-keikoさんはあのkeikoさんだと確信していました。覚えていらっしゃらないかも知れませんが3年ほど前お世話になりました。その節は有難うございました。horisamは先月孫が出来、忙しくしていまして、今期お休みですが、necomaru1さんがいつも見てくださっていて、有難いです。ますますご活躍のほどを、またお邪魔させてください。
Commented by kurashiki-keiko at 2005-07-13 11:05
  horisamさんへ。え、あの、生徒さんの? たぶん、わかりました。講座の自己紹介では過剰なほどにしっかりアピールしているものをお配りしていたので、バレバレですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 表現力についてー新聞記事から 病院コンサート >>