鏡開きー鏡餅の中身


d0031853_15311298.jpgd0031853_15313019.jpg






11日は鏡開き、我が家も〇トウの鏡餅のパックの底を開けて取り出しました。小さい方は、生命保険のオバサンからもらったもので、ちょうど良いので仏壇に置いていたもの。
と、先日テレビで見たのとはなんか違う。そーだ、テレビは東京の局だったのだから、角餅だったのです。関西からこちらは丸餅の文化圏。なので我が家のも丸餅が大きさに応じて入っていたのです。
 ともあれ、昔は11日まで置いた鏡餅はしっかりと誰かさんのかかとみたいにひび割れていて、「割る」は縁起が悪いから「開く」としたのだとかで、金づちでたたいてみたり、出刃包丁を持ち出してみたり、それは大変で、カビを取ったり、割って干してあられにしたりしていたようです。
 今はこの〇トウの鏡餅のおかげでカビもひび割れもなく、苦労して切り分ける必要もなく、ありがたく朝食におぜんざいにしていただきました。
d0031853_15402827.gif
ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-01-12 15:41 | 料理 | Comments(6)

Commented by lionmidori at 2011-01-13 00:19
こんにちは。たいへん遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。
そうか、昨日の11日は鏡開きでしたか。いまは底をあけるとパックで入ってるんですね。へ~。私が子供の頃は大きくまるいお餅の2段がさね、ひびわれてました。間にカビが生えてることもあったし。カビはふき取って、それでも取れないところはけずりとって、それからどうやって食べてたかしら。祖母が『水餅』と称して水につけてやわらかくしていたのは覚えているのですがそれをどうやって食べたかな?
我が家は電子レンジで出来る簡易お餅の鏡餅だったので鏡開きを待たずにおいしいうちにすぐに食べてしまいました。
Commented by kurashiki-keiko at 2011-01-13 01:07
lionmidori様、こちらこそ今年もよろしくお願いします。
パックの鏡餅、以前はちゃんとその大きさピッタリのお餅だったのですが、それだと切り分けるのが大変、というのであのメーカーがこのようにしたのですが、神様のお供え物なのに、という意見があった反面、大部分の主婦たちから支持されたとのテレビを見ましたよ。
そうそう、水餅というのもやったようですね。実家の母はぜんざいに入れたり、乾燥して油で揚げてあられにしたりしていたようです。
11日を待たずにおいしいうちに食べる、というのは現代風ですね。我が家は私のこだわりで、やっぱり七草粥とか鏡開き、14日にお飾りをおろしとんど焼きなどは日にち通りにしています。
Commented by hokkori-hime at 2011-01-13 08:30
おはようございます^^
このパックのお鏡餅って、便利ですが・・・・中の餅がめっちゃ少なくって損した気分ですw
でもまぁ、時代ということで仕方ないですよねw
朝からおぜんざい、美味しかったですね~
Commented by myobento at 2011-01-13 21:16
最近の鏡餅はこういう風になっているんですね。私は玄関や門のお飾りはするのですが、鏡餅は飾らないので全然知りませんでした。
昔は、鏡餅に青カビが生えたのを水につけてほとびらかせてから、削って、残りをあべかわにしたりしましたけれども。昭和は遠くなりにけりですね~。
Commented by kurashiki-keiko at 2011-01-14 04:25
hokoori-hime様、なるほど、損した気分ですか。
私はあのかびとかひび割れだらけのをかち割ることを考えると楽でいい派ですが。〇トウの鏡餅、現代主婦には助かると思いますよ。
Commented by kurashiki-keiko at 2011-01-14 04:27
myobento様、我が家もお座敷ではなくて居間の家具の上にちょいとお正月の雰囲気を出すための飾りと割り切って飾っています。
昔の鏡餅の食べ方、母がやっていましたが懐かしいです。ほんと、昭和ももうずいぶん昔になってしまいました。新成人も平成生まれですものね。

<< きょうは「とんど焼き」 倉敷美観地区を散歩 >>