大根ポタージュとセパーズパイの夕食


d0031853_2243248.jpg
3月20日(日)の息子夫婦と一緒の夕食です。婦人之友社の高年むき雑誌『明日の友』に掲載されていたパエリヤを久しぶりにしました。イカ、あさり、エビ、ホタテ、鶏の手羽元、ピーマン、赤パプリカ、玉ねぎ、にんにく、トマトなどが入っていて、元のレシピだと米が少な目だったので5人で3.5カップの米と同量のスープで炊き上げました。

d0031853_2284258.jpg
3月26日(土)の夕食です。
我が家の家庭菜園に最後まで残っていた大根を先日全部抜いて新聞紙にくるんで家の北側の勝手口付近の軒下に保存しているのですが、切ってみるとすでに「す」が入っていて、千六本にしてみそ汁、という使い方もできにくい。大根おろしとか、スープならどうか、と思って。
大根ポタージュは外食でイタリア食堂マリアで出てきたので目からウロコ、「へー、大根のポタージュもあり、なんだ」と知って作ったものです。孫のゆうくんが非常においしそうに食べてくれて面目躍如でした。
セパーズパイは、友の会で2,3年前の子育て母さん講習会でもご紹介したようですが、これは昔昔の私の子どもたちの幼時生活団の時代のレシピ本から。要はマッシュポテトでひき肉と玉ねぎを炒めてケチャップ味で煮たものをサンドして粉チーズとパセリをかけてオーブンで焼いたものです。大人数のコロッケを作ると時間がやたらにかかるのと、衣の分のカロリーも高くなるのでコロッケの具をオーブンで焼いただけみたいなこちらにしてみました。期待したほどにゆうくんは食べてくれず、「ベー」でしたが。しかもオーブンの使い方の手引きがどこかに紛失していて、適当に使ったものだから焼けが「?」で崩れました。
3月27日(日)は3月末というのに少々寒かったので、「大根おろし!」にして大根消費しようと、豚肉のしゃぶしゃぶ用を使っての水炊きにしました。お嫁さんとせっせと大根をおろしました。でもまだあと4本あります。。。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-03-28 02:37 | 料理 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 倉敷美観地区の春 今の日本、英雄たちがたくさんいる >>