倉敷美観地区の春


d0031853_2494397.jpg
大原家の前の倉敷川河畔の桜のつぼみもふくらんでいました。

d0031853_2501851.jpg
春休みのせいか、美観地区にも観光客が大勢。大原美術館新館では、大原美術館の絵画をヨーロッパで買い集めてきた、大原孫三郎が資金援助していた画家、児島虎次郎の特別展があるそうでした。

d0031853_252650.jpg
水ぬるみ、川舟の運行もひっきりなし。乗客には菅笠をかぶってもらうように決まりがあるのか、風景としてもすてきな川舟です。短い距離の往復だけなので大人300円。

d0031853_2535368.jpg
日本郷土玩具館では、素朴なお雛様の展示がありました。

d0031853_2543168.jpg
孫のゆうくんにも何か、と思ってこちらを購入。
しかし、夕食時に来たゆうくんにやってみるとなんと、プラスチックのパッケージのほうに興味があったようで、おやじさんが「そっちかよ」。まだまだこちらのお店のコマだとか昔のおもちゃで彼の興味と合うものはなさそう。

d0031853_2565483.jpg
お昼は前神橋のたもとにほど近い路地を入ったところの・・・

d0031853_2575666.jpgこじんまりした小汚い?民家の玄関の土間を改装したようなこちらで。のれん代わりに前掛け2枚をつるしてあったりするのがまたここらしくユニーク。
おばちゃん一人でやっていて、入るとちょうど出前用のを焼いているところでしたが、バタバタしつつもさすがプロ、ちょっと待って、と表の郵便受から「新聞読みます?」とたまっていた2日分の読売新聞を出してこられ、その間にバタバタとお支度。夫はイカ、私は豚玉。
私は読売新聞には日曜版があるんだー、と読んでみると、女子栄養大学を創設された香川綾さんのことが出ていたので興味深く見ました。女性で医師になった草分けで、大学の医局でもいじめられつつも栄養失調で亡くなる人も多かった当時、栄養学の大切さを悟り、それまで味付けも適当に教えられていた料理を、誰でも同じ味付けができるようにと200㏄の計量カップや15CCの大さじ、5㏄の小さじを発明されて料理の基礎の味付けの普及に努めたのだとか。へー、勉強になりました。
…と呼んでいるうちに手早く・・・
d0031853_34654.jpg外がカリ、中がふわっとしたおいしいお好み焼きが。その間に出前用にパックに入った6人前のを取りに来た人もいて、それからさらに「ちょっと食べて留守番していてくださいね、出前に行ってきます」「ハイハイ」
すると、「あら、お留守なん?〇〇だけど、駐車場に置かせてもらっていると言っといて」という人。おばちゃんが帰ってきてそのことを言うと、「車があったから、喫茶に行くんだわ」とのこと。小さなお店ならでは。カレンダーが狭い店内なのに4つもかけてあり、そのうち2つは1月と2月のままで。忙しいのね。

d0031853_38374.jpg
再び倉敷川沿いに。栴檀(センダン)の木、秋に来たときは実がどっさりついていたけれど、鳥が食べたのか、もうありませんでした。

d0031853_39976.jpg
喫茶と鯛ちくわのおざきやさんの店内で一服。お座布団が新しくなってふんわりしていました。たまたま誰もいなくて。

d0031853_310024.jpg
柚子ティーとお団子。柚子のスライスが下の方にたっぷりとあったので、木のスプーンでかき混ぜて全部食べてしまいました。お団子は草団子が粒あん、白いのがこしあんでした。
食べていると、外から駄々をこねて泣き叫ぶ幼い子の声が長く続きました。いったい何を駄々をこねているんだろう。久しぶりに子供のそういう鳴き声を聞きました。うちの孫はそういえばまだそこまで自我が芽生えてないのか、そういう泣き方はまだしません。お店の人も「どうしたんでしょうね」と気になるようでした。

d0031853_3113071.jpg
旅館倉敷の前の乗船場。大人300円。

d0031853_3121812.jpg
旅館鶴形の「祝言」のポスター、花嫁花婿のシルエットが格子の手前にあってとてもいい感じでした。今は春の「ランチいただきます」キャンペーン中で、どこも1500円ランチを頑張って出していることに気付き、あー、こっちにすればよかったとちょっと後悔したけれど、お好み焼き屋さんのざっくばらんなおばちゃんの雰囲気も捨てがたいものがあったことは事実でした。

ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-03-28 03:16 | おでかけ | Comments(4)

Commented by bisui at 2011-03-28 14:51 x
美観地区を歩けばもう春の便りが届いているようですね。こうやって順次歩いて行けば、まるで他県から観光に来たような気分になれたのではないですか。お孫さんも一緒によい一日を過ごされたようですね。
長い間倉敷に住んでいながら、こんな素朴なお好み焼き店が有る事はしりませんでした。一度機会があれば覗きたいです。
Commented by kurashiki-keiko at 2011-03-28 22:45
bisui様、孫は一緒ではなくて、夜にやってきました。せっかく観光気分で立ち寄ったので土産に買い求めたのです。
お好み焼き屋さんは、はっきり言って狭くて小汚くて、戦後すぐはよくこんな店があったよなあ、と言ったたたずまいです。飾り気がないところがいいです。
Commented by ラベンダー(思い出) at 2011-03-30 06:29 x
10年位前倉敷に行った時に駅前の通りで食事した時、(駅を背に左側でした)カツについていたキャベツが山のようでとてもおいしかったことを思い出しました。そこは観光客の人で混んでいました。
Commented by kurashiki-keiko at 2011-03-30 10:17
ラベンダー様、たぶんそのお店は、私は入ったことがないのですが、みそかつの「梅の木」ではないかと思われます。油で揚げてないヘルシーなカツで、検索したら好評のようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< CYサポートという会社名でプロ... 大根ポタージュとセパーズパイの夕食 >>