手巻き寿司の会食


d0031853_3182371.jpg
時候がよくなってからは鍋も似合わないので我が家は手巻き寿司が登場してきます。中トロ(2切れだけ)、鯛、ハマチ、鮭、カンパチ(だったかな?)にタコ、エビ、カニかま、卵、それにかいわれやら大葉やらきゅうりやら。

d0031853_3212422.jpg野菜が少ないのでほうれん草の絹ごろも(白和え風ですが、お豆腐を出しとみりんとしょう油で味付けして和えたもの-倉敷友の会でかつて作った「青菜のカード」より)と、ふとエノキと三つ葉のすまし汁を合わせました。

d0031853_3234979.jpgd0031853_3245573.jpg
ゆうくんにはほうれん草の先の一番軟らかいところをすり鉢ですって絹豆腐と合わせて薄味をつけてみました。
でもそちらよりはお吸い物のほうを喜んで飲んでいました。

d0031853_3275082.jpg
デザートはパイナップルでした。(イチゴよりちょっと安かった…)
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-04-04 03:28 | 料理 | Comments(0)

<< 倉敷美観地区の桜 酒津(さかづ)のさくらは咲きはじめ >>