料理教室が開講


d0031853_4503719.jpg
倉敷公民館で4月28日(木)、今年の料理教室が開講しました。第3木曜日に5回シリーズの料理教室。4月は和食、5月は洋食、6月は中華、7月は和食、9月は中華を習います。
私はたまたま今年は空きがあると聞いて参加申し込みしました。エプロン、三角布、手拭き、布巾を用意して緊張して出かけました。
 成人女子1日の栄養所要量、1日の食品の目安量、朝・昼・夕の食品の組み合わせ例、標準計量カップ・スプーンによる重量表、塩分1gになる塩、しょう油、味噌、マギーの分量の説明がありました。
 献立はご飯、長芋とかまぼこと三つ葉の澄まし汁、煮魚、白和え、かぶのレモン漬け、桜餅でした。
d0031853_52753.jpg
煮魚はアジを1人1匹、えらや内臓の取り方などの実習。そのほかは2人一組になって受け持つ料理を決めて取り掛かりました。私はかぶのレモン漬けと煮魚担当組になりました。
d0031853_54899.jpg桜餅も1人2個ずつあん玉を蒸した道明寺粉で包み、桜の葉で包む実習をしました。私は何度も作ったことがあったので丸め方をお教えできました。

d0031853_572116.jpg
煮た小豆をミキサーにかけてさらしの袋で漉し、鍋で練ってあんをこしらえるやり方も合わせて教わりました。小豆300gを一度渋切りをして3Cの水を加えて煮て、砂糖300gと塩少々であん1kgが出来るそうです。
この日の献立は1人当たり566kcal、魚・肉80g位、野菜147g、塩分3.4gとのことでした。
煮魚の煮汁の分量、白和えの衣の豆腐を裏ごしにすると滑らかでおいしさが違うことなど、わかっている、知っているつもりでも習うと違うことなどを知りました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-04-30 05:13 | 料理 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< おふくろの味―「ごぼうじく」(... 家族新聞「あじさい通信」168... >>