新庄村のがいせん桜を見に

岡山県の最北の新庄村の凱旋桜は、日露戦争の戦勝を期に並木ができたというのですからもう100年の歴史があるそうです。今年はお花見が出来なかったという息子達と一緒に出かけました。
もう30数年前は私が子供を抱っこして義父母と1台の車で出かけたことを思い、世代交代したなあという感慨がありました。この日は息子所有の3列シートの車で、孫はチャイルドシート。
d0031853_525318.jpg

d0031853_15123015.jpg

d0031853_526442.jpg
日本の音百選にも選ばれたとかいう、路の脇を流れる水路には鯉が飼われているところもあります。昔は貴重なタンパク源にもなっていたのでしょう。

d0031853_527532.jpg
ちょうど休日と満開が重なり、晴天にも恵まれて大層な人出でした。
しかし例年みられるような露店が今年はとても少ないように感じました。行ったのが渋滞などで遅い時間だったからでしょうか。

d0031853_5291826.jpg
そうだ、29日は昔は天皇誕生日、今は「昭和の日」いわゆる「旗日」。国旗を掲揚している風景は懐かしく感じました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-04-30 05:30 | おでかけ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< たけのこの木の芽和え おふくろの味―「ごぼうじく」(... >>