たけのこの木の芽和え


d0031853_1672670.jpg今年は、昨年夏が異常に暑かったせいで地下茎の発達が悪く、値段が2.4倍との報道があったので、買えるかなあ?と思っていましたが店先で見つけるとつい、買ってしまいました。ぬかで茹でてさて、息子たちが来た時に若竹煮にでもしようと思っていました。
しかし孫が食べるものがない、と急きょ炒り豆腐も作り、煮物だと似た感じなので、潮汁のために買っていた木の芽を融通して、ほうれん草の葉先でミドリを補い、木の芽和えにしました。
だしとみりんとしょう油で少し煮てから、木の芽とほうれん草を擂鉢で摺ったものに白みそ、みりんを入れて和えごろもを作りました。

d0031853_16111884.jpg
献立は鯛のあらの潮汁(筍の姫皮入り)、蒜山の道の駅で買ってきたはりはり漬とお土産でいただいたはんぺん、炒り豆腐、鯛の塩焼きでした。
お嫁さんと分担して作ったので助かりました。

実はこの日の午後、二男が釣りをしたらしく、40㎝のスズキ2尾と、食べごろのメバルを2尾くれていたので、魚の処理の練習に恰好の教材だったのに、お嫁さん達が帰ってから気づき、惜しいことをしました。スズキは1匹は刺身用におろし、アラは塩をして潮汁用に、もう1匹はななめ筒切りにしてメバル2匹と一緒に煮つけにしてしまってから、1個ずつ包んでからアルミ容器に乗せて急速冷凍保存しました。

d0031853_1271122.gifぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-04-30 16:16 | 料理 | Comments(2)

Commented by usatyu4 at 2011-05-02 01:05
こんばんわ 筍の木の芽あえ美味しそうですね。
keikoさんを友の会の料理教室でお見かけした時はびっくりしました。いつもブログでkeiko産の料理をよく見ているので、
料理を習われるなんて思っていませんでした。料理中によく写真が写せれましたね。私は出来上がった料理を写すのが精一杯です。家ではいつもいい加減な料理をするので料理教室ではきちんと計るのがいいですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2011-05-02 02:15
usatyu様、友の会の料理教室はずっと興味があったのですが定員がすぐ一杯になるので遠慮していました。今年はまだ空きがあると聞いて申し込みました。基礎からきちんと教えてもらえるのがとてもいいですね。私もちゃんと習った物をお嫁さんに伝達したいと思っています。

<< 義母を訪ねて 新庄村のがいせん桜を見に >>