突然旅に出たくなって

1日、義母のところへ世話に行ってから帰り、夫が突然旅に出たい、昔独身時代に過ごしていた富山県高岡市に行ってみたい、手配してくれとのこと。
うーん、これまで夫の会社の社員旅行を手配してくれる業者さんに頼り切りだったので、実はネット予約は初めてなんです。
 でもせっかくなのでやってみよう。
まずは高岡の宿泊施設を検索して。じゃらんで見てみると、2日はカレンダーの平日なのでホテルに空きがありましたが、震災のため旅行者が少ないだろうと夫が高をくくっていうけれど、3日はどこも満室らしくヒットしない。と言うことであきらめて1泊になりました。急なのでメールでは心配と電話で予約できました。
 次にこちらhttp://www.jr-odekake.net/ (JRのお出かけネット)はお気に入りに登録していたのでさっそくチケット手配。とはいえこちらも乗り換えなどの路線だけをネットで調べてから、電話で出発駅と到着駅、出発時刻と帰りの到着希望時刻を言うと、たぶん同じような画面で向こうの人も確認したようで、列車番号や乗り換え駅などの確認があり、2人分の切符の手配が出来、乗る倉敷駅の緑の窓口で購入できるとのこと。夕方5時過ぎでしたが、翌朝は7時半ごろの出発で万一遅れるといけないと思い、さっそく出かけて行きました。
 連休の夕方とあって緑の窓口は行列。で、横の券売機で駅員さんの介添えでなんとか買うことが出来ました。2人分の往復なので機械でも出てくるまでにちょっとかかりました。チケットを買って帰ってから、あわてて旅の用意。
 こんなにあわただしく旅の計画をしてから実際に行ったのは初めて。1泊だからいいようなものの。私は小さなピンクのリュック一つ、夫はコロコロ引っ張るカバンのサブバッグにそれぞれの着替えを詰めて準備完了。ちなみに私のリュックはテレビの「世界ふしぎ発見」のリポーター、竹内海南江さんプロデュースの物です。あちこち旅した人のアイデアらしくたくさんの便利なポケットがついている、かわいらしいものです。
(ちなみにポシェットと、一回り大きいコマが付いたものもこのシリーズでリュックになるタイプのを選んで、そろえて持っています。ポシェットを下げ、大きい方のベージュのリュックを背負うと行商のオバサンスタイルです)
1泊なのでこれまで持参していたノートパソコンは持たず、念のため携帯の充電器は持ちました。タクシーの予約をしていざ、と言うわけです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-04 04:30 | | Comments(0)

<< 高岡への旅 その1 氷見で 変わりゆく倉敷駅と北口 >>