高岡への旅 その2 夕方の散歩


d0031853_793657.jpg
ホテルの窓からの風景(翌朝のものですが)。
古城公園と、左下に大仏が見えます。夕方そのあたりを散歩に出ました。

d0031853_7104471.jpg
街路樹の八重桜と言うのは珍しい。満開でした。

d0031853_711273.jpg新鮮な様子を「きときと」と言うのがこのあたりの表現らしいですね。いかにも新鮮な響き。

d0031853_7121930.jpgテレビに出たコロッケとはどんなのだろう?
ちなみにご当地B級グルメとしてはコロッケと、高岡風の魚介のお好み焼きがあるらしかったのですが、売っているお店が見つからず、食べられませんでした。

d0031853_7134491.jpg
公園では先日の鳥インフルエンザ騒ぎでこの看板があったり、出入り口の地面に消毒用のマットが敷いてあったりしました。

d0031853_7143669.jpg
お堀が満々と水をたたえていて、新緑がきれいでした。歴史ある古城跡なので大木ばかりでした。

d0031853_7152929.jpg
高岡の開祖の前田利長公の騎馬の銅像。

d0031853_7165081.jpg
高岡は銅製品の町でもあります。奈良、鎌倉と並んで大仏さんがあります。梵鐘もほぼこの町で作られているようです。

d0031853_7181837.jpg
大通りには路面電車が走っています。

d0031853_719091.jpg
こういう仕掛けは雪国ならでは、昔の社会科では大雪をよけるために作られた雁木と言うものだと習ったのですが、鞆の浦に行くと港の石段のことを雁木と言うようなので少々混乱しています。

d0031853_724424.jpgd0031853_7203183.jpg
お昼があまりにもたくさんだったので、夜は商店街のひなびたうどん屋さんで鍋焼きうどんにしました。素うどんでもよかったな。6時半ごろでしたが、お客は私たち夫婦だけでした。
(お店外観は翌日午後のもの)

高岡市
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-04 07:25 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 高岡への旅 その3 砺波チュー... 高岡への旅 その1 氷見で >>