生春巻きと中華風コーンスープの夕食


d0031853_10554237.jpg
22日(日)の夕食です。
岡山でイチゴアイスクリームのためのコーンカップを購入した時にふと目についたものだから、ライスペーパーをついでに買って、この日のメインの生春巻きにしました。
生春巻きのレシピは以前朝日新聞の土曜版に載っていたものです。えび、焼き豚、ビーフン、大葉、きゅうりの千切り、サニーレタス、にらを巻きました。あとでかいわれも買っていたのを思い出しましたけれど。
うまくスマートに巻けなくてお嫁さんと悪戦苦闘。息子が「にらをはしっこからちょっと出すのがカッコいい」というのでやってみて出しすぎてみたり。食べてみるとにらが固くて噛みきれずちょっと困った。
付け合せにブロッコリーを買っていたら、家のアスパラがだいぶ冷蔵庫にたまっていたので多めにつけました。あとはナスとピーマンの味噌炒めです。
中華風コーンスープ レシピです。
コーン 1缶はクリームのがいいけれど、近頃はホールのがほとんどなので、ミキサーにかけます。
お水4カップと一緒に火にかけます。
中華のがらスープの顆粒を大さじ1ほど入れて煮立てます。
そこへカニ缶を1缶分入れます。
水どき片栗粉を大さじ1と2分の1ほど入れます。
塩小さじ1くらいとお好みでラード少々か、ごま油少々入れます。(今回は入れなかった)
味を見て、最後に卵の白身をほぐして入れて火を止めます。
あれば青みを散らします。

この日は暑かったので、一番に作って、すぐお皿に入れてさましておきました。
真夏になったらスープは鍋ごと氷水に入れて冷やします。


d0031853_1141934.jpg
夕食後は私はゆうくんと遊ばせてもらっていますが、いつもお皿を洗ってくれるお嫁さんのもとへさっささっさとハイハイして行って…

d0031853_115069.jpg
(やっぱりお母さんが一番ね)
 食器洗いを終えたあと、イチゴアイスクリームを買ってきたコーンカップに入れて出しました。「お母さんは何でも作るんですね」(手間はかかるけれども、ちょっとしたやる気さえあれば出来るのよ)
 ゆうくんも待ちきれないといった感じでイチゴアイスを食べていました。自家製のアイスクリーム、これは生卵も入っていないし、合成糊料や香料や着色料が入っていないから安心です。生クリームは低脂肪のを使いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-23 11:07 | 料理 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 衣装選びPartⅡ ミニバラで玄関前を飾る >>