夜のドライブで


d0031853_2101954.jpg
高梁川の向こうに沈もうとしている夕日の赤さ。主婦はいつもこんな時間帯には夕食作りで、外にいて眺めることもできないでいることが多いので感動でした。なにしろ6月4日は夕食作りを4時前からして、6時には食べ終えて出かけたのです。

d0031853_2124873.jpg
たしか1時間に1本と聞いている井原鉄道が通っていました。

d0031853_2153773.jpg
田んぼのそばの細い農道に、びっしりと路上駐車の列。田舎なので駐車違反の心配はなし。

d0031853_2164129.jpg
手作り感ただようこの看板。・・・そうです。ホタル見物に来たのです。

d0031853_2172195.jpg
そろそろ薄暗くなってきた道を、大勢の人が三々五々、山際の川沿いに集まってきています。6月上旬だけ、ほたる祭りと称して見物の会があるようです。

d0031853_2183999.jpg
月はだれかの爪の先か、昔の人の眉毛みたいに細い。そしてすぐに沈んで行きました。・・・ホタル見物には闇夜のほうがいいからうってつけl
 川岸の近くでは屋台村みたいなのが出ているらしく、明かりもあり、お神楽でもしているのか太鼓の音が絶え間なく響いていました。ホタル見物なら静かにしようよ、と思ったけれども、地元の人の思った盛り上げなのでしょう。
     ・・・橋の上で待つこと10数分くらい?8時過ぎか?まず1匹だけが光だし、「あれあれ」と指さしていると、あちこちにちらりほらりと光が飛び始めました。
 時折カメラのフラッシュがたかれ、(フラッシュなんかたくとホタルがびっくりするし、どうせホタルノヒカリなんて撮れっこないのに、やめてほしい)と思いました。
 だんだんあちこちで小さな光の点が見えるようになり、しかし期待していた数十匹単位、というには程遠くて、1度にでているのはたぶん10匹前後、これ以下だとせっかくのホタル祭りが泣くような感じでしたが、お嫁さんは生まれて初めてのホタル見物、さてどう思ったことやらでした。
 

行ったところはこちらでした。http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/sizen/hyakusen/hyakusen/041unaihotaru.html
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-06-05 02:19 | おでかけ | Comments(2)

Commented by yassy127 at 2011-06-05 06:56
高梁川の夕景がきれいですね。
確かに井原線は1時間に1本くらいしか走っていません。
いいチャンスを撮られましたね。
ほたる祭りってロマンティックですね。
あの小さな蛍の光にフラッシュをあてるとほたるのひかりはきえてしまいますね。
ほかの人にも迷惑な行為です。
Commented by kurashiki-keiko at 2011-06-06 01:15
yassy様、夕景は本文にも書いたように、普段は主婦業をしているとなかなか見られないものですから、余計にきれいに思いました。井原線は偶然横を走る列車があったので撮れました。
ほたる祭り、フラッシュをたいていったい写真がとれたものか疑問で、本当に周囲に対して迷惑この上なし、でした。

<< 母と義母、それぞれに老後 倉敷美観地区のうどん屋さん >>