1日墓参りツアーと、迎え火


d0031853_21192492.jpg
13日は朝9時半ごろ我が家を出発し、羽島の義父の眠る我が家の墓地へまずお参りしましたが、日の光が痛いほどに強く感じました。ゆうくんも初めての墓参り、いつもは麦わら帽子を嫌がるそうでしたが、あまりに暑いせいかちゃんとかぶっていました。

d0031853_2121401.jpg
次は真備町岡田のお寺の裏手にある、義母の両親の眠るお墓へ。義母は妹との2人姉妹で、どちらもお嫁に出たので家が絶え、永代供養にお位牌はお寺に預けてあります。

d0031853_2124499.jpg
我が家の代々の先祖のお墓を赤磐市に尋ねようと、総社市に出た所で昼前となり、ステーキのファミレスでゆうくんはお子様用のハンバーグランチを食べました。ウインナは無理でしたが、ハンバーグとご飯を良く食べました。

d0031853_21325441.jpg
2時ごろやっと先祖のお墓に到着。ここもまた日差しがとても暑かったけれども、背後にある柿の大木のおかげでだいぶ涼しくて助かりました。
 そして、祖父母のお墓の背後に夫が小さな穴を掘り、父の分骨を埋めました。木の根が張っていて掘るのが大変でくたびれたそうです。

d0031853_21331790.jpg
ゆうくん、最初はお墓にあげる水で遊んでいたので、水桶を取り上げられるとごきげん斜めに。
最後におじいちゃんと一緒に手を合わせて墓参りをしました。

d0031853_21344484.jpg
そして最後は、この4月22日に亡くなった夫の妹婿のお墓にお参りに行きました。もう3時半ごろでしたか。義妹はまだ行っておらず、お花も手向けられていませんで、私たちが最初のようでした。拝んでいると、故人の高校時代の親友夫妻が来られました。ありがたいことです。
 朝9時半に家を出て、お墓4か所回ると帰宅は夕方4時半でした。このコースはちょっと欲張りすぎだったなと反省しました。

d0031853_21382043.jpg
6時20分ごろ、夕食のお膳が出来仏様のお供えのお膳もできたのでお供えしみんなで拝み、夕食にしました。

d0031853_21395584.jpg
息子が友達と久しぶりに会うというので、ちょっと早かったけれども7時半に迎え火を焚きました。
おばあちゃんが家にいた時には、「おとうさーん、この火をみてお帰りなさいよ~」と空に向かって叫ぶのが常でしたが、今年は静かな迎え火でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-08-13 21:41 | 日常 | Comments(2)

Commented by tomochi112 at 2011-08-13 22:31
一日に4ヵ所ものお墓参りは大変だったでしょう。
ゆうくんもず~っと一緒だったの?
大丈夫でしたか?
迎え火は、きゅうりで馬を作り「早く帰っておいで~」って、いつも6時半ごろから焚きます。
送り火は精霊送りの会場まで行くので「ゆっくりお帰り」というわけにはいかないのですが・・・
Commented by kurashiki-keiko at 2011-08-13 23:04
tomochi様、コメントありがとうございます。
地図を頭に書いた時には簡単に思っていたのですが・・・
ゆうくんは社内で1時間くらいは寝ていましたから大丈夫でした。
迎え火や送り火を焚くお宅はもうずいぶん少ないと思っていたのですが、お宅も焚かれるのですか。よかった。
たましいを迎え入れるために、いい感じの風習ですよね。

<< 日帰り温泉 お盆は忙しい >>