初めての・孫のお守り

 お産の時に養生する面倒を見たり、週末ごとにやってくるのを受け入れて遊ばせてもらったりはしたものの、1対1で孫を見るのは今回が初めて、しかも腰痛が治りきっていないのでとても不安で緊張して昨日の8月31日、受け入れました。
 お嫁さんが健康診断に出かけるからと、あらかじめ私の用事のない日を聞いてから予約してくれていたので、まさかこんな腰痛になった時とは思わなかったのでした。
 まだ少し痛むので、なるべく動き回ったり抱っこしたりという場面がないようにと祈るような気持ちで見ていました。ためしに低糖ヨーグルトを食べさせてみると、パクパクと9割がた食べました。やれやれ。いつものコースで台所へ行って冷蔵庫のマグネットで遊び、オーブンの扉をバタンバタンした後はあまり歩いたり走ったりもなく、、
d0031853_1220192.jpgくーぴーでお絵かき??(なぐりがきレベルです)をしたり、美観地区で買ってきた、マグネットでつながった木製の汽車で遊んだりつみきを出してみたり、そのうちおしめを見てやると濡れていたのでバッグから紙おしめを取り出しましたが、昔の時代とは違い、その紙おしめ、触ったことがないものだからどっちが前やら後ろやら、テープをどんなふうにくっつけたらいいものやらちょっと戸惑いました。時代は変わるものですものね。
そうこうしているうちに2時間が過ぎ、「今から帰ります」とのメール。ほっ。
そういえば最近は友の会でも例会などの時に会場にいなければならない役割が多く、最寄の他の人にお願いして子供を見ることがなかったなあ、と思ったことでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-09-01 12:25 | | Comments(0)

<< やっと復調 もうすぐコンサート >>