美星町星の郷青空市と白糸の滝

9月23日、24日は夫が社員旅行で、私はお留守番。黒部立山アルペンルートは台風一過で晴れ渡って、前の日に雪が降ったそうで山の雪も見え、風景を満喫して帰ったそうです。
私はお留守番で、23日は墓参りなど。24日は昼前まで民生委員の定例会があり、見守り対象のお宅をちょっとまわって(留守宅ばかりでした)帰宅するとお昼。共同募金を愛育委員さんに振り分けするのに1時間、鍋帽子で夕食を仕掛けておいてから夕方お願いしにもって行きました。といった具合で、日中ほとんどをそういう活動で終わりました。
 
で、25日には旅の疲れで休養日でしょう、と思いきや、例によってどこかへ行こうとのこと。
井原市美星町の星の郷青空市へ出かけました。

d0031853_115853.jpg
最初に行った頃はまだ駐車場は砂利でしたが、アスファルトで舗装もされてにぎわい方がまた一段と活発。

d0031853_1223044.jpg
野菜は夏野菜が終わったし、端境期になるのか、空いた棚もたくさんでしたが、

d0031853_123894.jpg
珍しいところでは、メダカの入ったガラス瓶が500円で売られていました。きれい。メダカまで最近は珍しくなっているそうで、本当に自然が遠くなったと感じてしまいます。

d0031853_124442.jpg私はブドウがジュース用として2kgが1,500円というのと、

d0031853_1244792.jpg立派な牛蒡を買いました。
ほかにもここは豚肉や、乳製品のヨーグルトやプリン、そばを使ったそばかりんとう、味噌などの手作り産品が売店には処せましと売られていて本当に活発だし行って楽しいところです。


d0031853_1253022.jpg
お昼はいつものレストランで、地元産の食材がいっぱいのメニューをいただきに

d0031853_126860.jpg
素朴な昔風のガラス窓もいい感じです。

d0031853_1263751.jpg
こちら夫の注文した野菜いっぱいの定食。800円。

d0031853_127124.jpg
こちら私が注文した、まかない食から生まれたというサラダ蕎麦。ヘルシーな感じがして。しかし値段はこちらの方が高くて850円でした。冷やし中華のタレに似たのがかかっていて、キャベツの千切りが向こう側にたっぷりついていて、さっぱりした感じでした。

d0031853_1285272.jpg
あちらに徒歩1分でコスモス畑がある、という表示があったので行ってみると・・・

d0031853_1292585.jpg
まだまだこれからの感じなのと、段々畑でちょっと面積的に寂しいかも・・・

d0031853_1210479.jpg
でもまあ商売上手な星の郷のみなさんのことだから、ここもたぶん拡充して人を呼び込めるように整備されるのではと思います。

d0031853_12105051.jpg
そして食後はもちろん!?ジェラート屋さんへちょこっと直行。

d0031853_12113073.jpg
秋なのでモンブランとかもあって、シングルでコーンカップ入りで300円、お持ち帰りもできます。
夫はチョコ、私はチーズケーキとブルベリー入り。

d0031853_12143413.jpg
帰りは総社方面へ抜けましたら、「白糸の滝」の表示が。寄れたら寄ってみようよ。

d0031853_12152294.jpg
本当に小さな看板がちょこっと出ていただけで、駐車スペースと言っても道沿いにちょっとふくらんだところがあるだけ、せいぜい3台分くらいしか止められないくらい。
で、渓流の上にかかる橋を渡っていくと、思ったよりいい感じの滝でした。

d0031853_12164098.jpg彼岸花が終わりかけていて、折った跡があったので、これが咲き誇っている景色はまたいいでしょうし、また紅葉の頃には一層いいだろうなと思われました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-09-26 12:20 | おでかけ | Comments(2)

Commented by tomochi112 at 2011-09-26 23:54
>お昼はいつものレストランで・・・
私はいつも外で蕎麦を食べて帰ります。(^.^)
<お食事処 星の郷>にはランチメニューも色々あるようですね。
野菜の他にもおこわやお餅、それに焼き鳥などを買うのが楽しみで時々行くんですよ。
コスモスもたくさん咲くと綺麗でしょうね。
Commented by kurashiki-keiko at 2011-09-27 18:38
tomochi様、お久しぶりです。
とてもいい場所ですよね。ほかの人のブログを見ても、あん入りヨモギ餅が絶品だとか、それぞれにお気に入りの品があるようです。コスモス畑もこれからが見ごろでしょう。

<< 進歩、一歩ずつ 家族新聞「あじさい通信」173... >>