お寿司を作って配る


d0031853_5375940.jpg
10月9日(日)の夕食です。お祭りなのでお寿司を作りまして、煮豆は冷凍にしていたものです。おつゆはお豆腐とえのきと、青みに庭のネギ、漬物はカブの葉です。
歩いてくたびれたけれども、この日はお寿司を6合分作って、ご近所の独居老人2人と、病気入院していらっしゃったご家庭に届けようと思って最初から早めにと、3時前ごろから作りはじめ、5時半ごろ完成、やってきたお嫁さんに鍋の洗い物と、おつゆを頼んで配りに出かけました。
 80歳代のお1人暮らしのおじいさんとおばあさんに配ると、おばあさんの方はお返しにとおせんべいの袋とキャベツをくださいました。
 また、入院中と思っていた人は退院して療養中だそうで、ご主人が出てこられました。こちらには大きめのパック2つを差し上げたら、後でお礼の電話をいただきました。以前町内会のお役をご一緒にした人で、お花やお金よりこちらの方がいいかなとおとどけしたのでした。頑張って作って差し上げられて、喜んで頂けてよかったです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-10-10 05:43 | 料理 | Comments(0)

<< お買いものとお食事 秋祭り、子供みこし巡行 >>