かりんジャム ふたたび

・・・・最寄の若い人に1瓶差し上げ、「まだ温かいので冷やして硬さが足りないようならヨーグルトのトッピングにしてね」と言っておきました。
1晩たって冷えたものを見てもやっぱりさらさらなので、これではいけないと、

d0031853_359453.jpg
再び大鍋に移し、

d0031853_402110.jpg
中火の強火くらいにしてあくを取りながら1時間。どんどんあくが出てきました。
しかし煮詰まって色が濃く、たぶん砂糖も濃くなったようです。

d0031853_412650.jpg
今度はこれだけになりました。冷めたらどうなるかな?


d0031853_0371224.jpg
冷蔵庫に一晩置いて、少し入った瓶をためしにパンに塗ってみると、今度こそ成功。昨年のきれいな透明感のある色のようにできなかったのは残念でしたが、きれいな赤いジャムが完成しました。やれやれ。しかしむざむざ土の上で腐らすよりはよほどよかったかなと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-11-19 05:09 | 料理 | Comments(0)

<< 我が家の晩ごはん かりんジャム >>