下津井へたこの干物を買いに

亭主の好きななんとやら、この時期は下津井ではあの大蛸の干物が風に揺れる時期なので・・・

d0031853_1726345.jpg
これこれ、有名な?大ダコの干物。蛸だけど凧みたい。

d0031853_17273060.jpg
瀬戸内海に突き出た半島の先っぽだから温かいのでしょう、いつもここにはアロエの花がこんなにたくさん咲いています。

d0031853_17281367.jpg
「むかし下津井廻船問屋」です。

d0031853_17285730.jpg
中の売店にもこんな大蛸の干物がビニール風船のタコと共にぶら下がっていました。てっきりこれを買うのかと(4,000円から4,500円くらい)思ったらそうではなくて、

d0031853_17302085.jpg
こっちでした。スライスして干したもの。1~2cm幅で10㎝長さくらいに切って干しているのです。噛むと硬くて、口でくわえているうちに軟らかくなって何とか食べられるようになるという代物です。1袋1200円くらいだったか?
先ほどのタコのぶら下がっていたお店は漁連の経営だそうで、あのベッキーやイモトアヤコたちが満天☆青空レストランのロケに来たようでした。
その時の番組ブログ記事はこちらです。http://www.ntv.co.jp/aozora/location/2009/06/27/
その時の「タコのがりトマ丼」のレシピはこちら
http://www.ntv.co.jp/aozora/recipes/2009/06/27/
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-12-17 17:32 | おでかけ | Comments(3)

Commented at 2011-12-19 15:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-12-19 15:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurashiki-keiko at 2011-12-19 16:11
鍵コメ様、どうもありがとうございました。

<< 片付けて見つかった義父の呼び掛け文 片付け >>