ひなびた町並み散策に―愛媛県内子町を訪ねて


d0031853_11173887.jpg
1月22日(日)遠出しました。
 長い間遠出できていなかったので久しぶりです。出かけた先は愛媛県内子町。倉敷からだと209㎞だそうで、行きは私が石鎚山サービスエリアまで運転、それ以後は帰りも夫の運転。行きは約3時間、帰りは休憩なしで2時間ちょっとでした。高速料金は帰り片道4,050円との表示が出ました。

d0031853_11254257.jpg
石鎚山サービスエリアでは、地元今治タオルとかかんきつ類がねらい目。この日は出盛りのいよかんを5kg入り一箱2,500円で購入。





d0031853_1127188.jpg
内子五十崎サービスエリアで一般道に。すぐ右へ曲がります。

d0031853_11285553.jpg
表示板だらけでちょっとわかりにくいですが、左上のを見て曲がります。

d0031853_11293682.jpg
道の駅からり。からりという名称の意味はちょっと分かりませんが。ほかにも駐車場はあるようですが、トイレがあることと産直野菜が安いことでこちらおススメです。
こちらは産直野菜が豊富で、今野菜が高騰しているので、はっさくB級品6個200円、キャベツ1個130円、生しいたけ10個くらい入って200円、干し柿一つなぎ10個くらいで600円、おばあさんの手作り大根漬け1袋100円、白菜1珠120円で購入。安かった。

d0031853_1135379.jpg
車でわたってきた橋を徒歩で渡り、歴史的町並みを散策する前にお昼なので、地元の名物料理が食べたいなと探していると、ちょうどその町並みの入り口あたりにこちらのお店を発見。「和食 寿司 吉長(よしちょう)」。よかった。夫「鯛茶漬けが食べたい」。

d0031853_1136252.jpg
うーむ、メニューを見渡したところ、単純な鯛茶漬けはなくて、お高めかな?と思ったけれどこちら。

d0031853_1137651.jpg
鯛めし1,260円。鯛茶漬けではありませんでしたが、鯛のお刺身を乗せて、だしと卵を溶いて上からかけるのだそうです。かき氷の上に乗ったいかだみたいなのごと滑らすとうまくご飯の上にお刺身が乗りました。こりこりの歯ごたえの鯛のお刺身とタレとワサビが合わさっておいしかったです。

d0031853_11404255.jpg
そして、「酢卵」という名前のおいしい栄養ドリンクみたいなジュースを試飲させてもらいましたが夫が買いたいという気にならず通過、こちらの和ろうそくのお店、2度目でした。入るとすぐに奥さんが傍らに火のともった燭台を置いて和ろうそくの説明をエンドレスでたぶん毎日繰り返していらっしゃるのでしょうが、説明を聞きつつ奥でひたすら熱い蝋の入ったすり鉢状の器から手作業で蝋を繰り返し塗っているのは、以前は50~60歳くらいのご主人1人だったのが、その後ろに息子さんが作業していました。跡取りが出来てよかった。

d0031853_11444983.jpg
大きいものは4時間もつのだそうで、夫はまた手ごろなのを購入。

d0031853_11453745.jpg
こちら、休憩所を兼ねた町屋博物館?。

d0031853_11483316.jpg
ここの町並みの特長かな?折り畳みできる濡れ縁、上にあげるとたためるようになっていて、下すとこんな風にちょっとしたベンチみたいになるのがユニーク。ここは手作り竹とんぼ、もっと右の方には原種みたいな昔ながらのトウモロコシの干したの、(種にしたり、ポップコーンにしたりするとよいらしい)、それにこれ、地元特産の木蝋の素にはるはぜの実。

d0031853_11505937.jpg
クランクになった角を曲がるとこちらのお店。以前来たときはここで山椒の木のすりこ木をお土産に買ったのでした。
入ってみると・・・

d0031853_11515654.jpg
きれいに絵付けされた和ろうそくやら、かつて子供の頃に読んだあの小川未明の「赤いろうそくと人魚」に出てくるか?と思う赤いろうそくも。

d0031853_11532257.jpg
よく見ると販売台になっているのは古いタンス。

d0031853_11535760.jpg
備前長船の日本刀。備前というとここまで来てなんだかうれしい。

d0031853_11543763.jpg
その昔祖父母の家に行くと回っていた黒い鉄製の扇風機・・・

d0031853_11554650.jpg
立派な鎧まで。このお宅、どんなご先祖様がいたのやら。蔵に仕舞っているよりこうして皆さんに見ていただいた方が・・・という店主の考え方のようです。

d0031853_1157974.jpg
こちら、棕櫚(シュロ)細工のお店。大小のほうき類。で、店の表の掲示に、「全国どこをみてもろうそくで財を成した街はありません。この町にろうそく屋はもともとなかった」などの持論を掲げてあり、そうかなあ?と読んでいると、中なら店主が出てきて、その紙あげましょうか?と、とうとうと持論を展開。お向かいのお茶屋さんに入った夫が呼ぶのだけれども、店主の話が途切れない・・・やっと振り切ってお向かいへ。

d0031853_11595385.jpg
お向かいのお茶屋さんでおいしい緑茶を一杯いただいて、女主人いわく、「お向かいの人はちょっと変わっているから気にしないでくださいね。ろうそく屋さんだって3,4代続いているわけだし、ろうそく屋さんがなかったわけはないので」などと言われました。変なん人はどこにもいるものですし、正しいと思っているのだからしょうがない。

d0031853_121528.jpg
またしばらく行くと、こちらいかにも大金持ちと言った風情の立派なお蔵。
d0031853_1225841.jpg
「本芳我」という表札。このあたり「芳我(はが)」さんが多いらしく、本という字がつくからには本家筋なのでしょう。

d0031853_1242081.jpg
d0031853_1243428.jpg


d0031853_1252419.jpg
こちらは「中芳我邸」とありました。

d0031853_1263660.jpgd0031853_127480.jpgこちらは木蝋資料館のある上芳我邸。

d0031853_1295918.jpg
木蝋を作る過程の展示が入ってすぐのところにありました。

d0031853_12103523.jpg
はぜの実から、白くてきれい、品質の良い木蝋が作られたようです。

d0031853_1211212.jpg
広い敷地です。時間がなかったので無料のエリアだけ見ました。

d0031853_12121123.jpg
左側の入り口から、お屋敷内部を見学させてもらえます。

d0031853_12125290.jpg
通りによくある折りたためる濡れ縁を跳ね上げたお宅。

d0031853_12132964.jpg
松山の街をはるかに見ながら高速道路で帰途につきました。

以前の内子町の記事はこちらhttp://kurakeiko.exblog.jp/9973114/
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-01-23 12:14 | おでかけ | Comments(6)

Commented by ラベンダー at 2012-01-23 15:56 x
内子と聞いてとても懐かしいです。10年くらい前(もっと前かな)
四国で国民文化祭がありました。そのとき県からの依頼で10人ぐらいでいきました。(オカリナのアンサンブルで)それが終わってから内子に行ったのです。タイムスリップしたようでした。ろうそく屋さん、歌舞伎座(?)うだつ、とか立体的な壁・・・。ゆずを買って帰りました(とても安くてびっくりしました)近くにいいところがたくさんあっていいですね。(ちかくでもないのかな)
Commented by kurashiki-keiko at 2012-01-23 18:02
ラベンダー様、内子の町並み、なかなかいいでしょう?
今回は内子座とか行かなかったのですが。
柚子などかんきつ類はあの辺りは産地ですから安いでしょう。
片道高速道路で約3時間ほどですから、近くではないですけれどね。
Commented by usatyu4 at 2012-01-25 18:23
内子というと16年以上前に簡保の旅行で行ったことがありました。↑ノラベンダーさんと同じようなコースです。
そのあと道後温泉に泊まりました。続きを楽しみにしています。
Commented by kurashiki-keiko at 2012-01-27 01:54
usatyu様、日帰りだったので続きはないのです。ごめんなさい。
内子はひなびた町なので泊まるとなるとやっぱり道後になるのでしょうね。
 今回は近くで坂の上の雲でもロケがあったらしい屋根つきの橋を見たかったのでしたが、見られなくて残念でした。
Commented by surgeon24hrs at 2012-01-27 02:29 x
おはようございます。

これはすごい、イッパイのミカンですね!

大昔、遠い親類に小田原のはずれでミカン農家をやっている人がいて、毎年何箱もミカンをもらっていました。

イギリスに住んでいたとき、ミカンはどういうわけか「Satsuma」という名で売られていました。生産地はキプロスだったのですがね。 
Commented by kurashiki-keiko at 2012-01-27 08:40
surgeon24hrs様、イギリスでさつまですか?面白いですね。サツマイモの伝来みたい。
愛媛県はかんきつ類の宝庫で、本当に多品種のかんきつ類がありますし、対岸の広島県のほうのしまなみ海道の島あたりの道の駅にもたくさんあります。

<< 料理教室で 我が家の晩ごはん >>